借りる方法

不動産を担保にお金を借りる方法があるって本当?借入条件と審査ポイントを伝授します!

更新日:

不動産担保融資は、お金を借りる方法の一つとして一般的に知られていますよね。

不動産は価値が高いので、お金を借りるには最適といえます。

ただし、不動産の状況によっては借入条件がかわるのでポイントを抑えておきましょう。

 

不動産担保融資とは?

不動産担保融資とは、不動産を担保にしてお金を借りる方法です。

例えば、土地や家などの不動産はもちろん、所有している店舗やマンション、山林なども融資対象の担保になります

当たり前ですが、不動産に価値が無ければ、融資を受ける事ができません。

都心など、土地価格が高い場所では、数億円から10億円あまりの融資を受けられることもあります。

銀行や会社によって融資限度額が異なりますので比較してみましょう。

 

どこで不動産担保融資を申し込める?

不動産担保融資は次のような銀行や融資会社に申し込む事ができます。

  • 銀行系
  • ファイナンシャル会社系
  • 不動産会社系

銀行などへ相談に行くと不動産担保でお金を借りることができます。

担保があるので、銀行もお金を貸してくれやすいでしょう。

銀行の店舗以外に、近年はネット銀行でも不動産担保融資をおこなっています。

ファイナンシャル会社系でも不動産担保融資を行っています。

手数料が無料など、サービスが充実している会社が多いのも特徴です。

不動産系の不動産担保融資会社もあります。

それぞれ、手数料や利息、貸してくれる限度額が異なるので、複数比較をしてから決めましょう。

 

不動産担保融資のメリット

不動産担保融資のメリットには次のようなものがあります。

  • 高額融資を受けられる
  • 担保があるので低金利
  • 長い返済期限を設定できる
  • 保証人不要

不動産担保の一番のメリットは、高額な融資を受けられるという事です。

不動産担保にもよりますが、価値が高ければ数百万円から数千万円、それ以上の融資を受けることもできます。

不動産担保があるので、金利が安いというのもメリットです。

融資金額が高額なので返済期限も長く設定でき、焦って返済しなくても大丈夫です。

また、不動産が担保としてある為、保証人の必要がありません。

 

不動産担保融資のデメリット

不動産担保融資のデメリットには次のようなものがあります。

  • 急に融資は受けられない
  • 諸費用がかかる
  • 返済ができないと不動産を担保に取られる
  • 違約金が発生することもある

不動産担保融資は、手続きに時間がかかります。

その為、融資を申し込んでもすぐにお金を借りることができません。

また、手続きの際には諸費用もかかってしまい、お金を借りる側が支払うことになっています。

途中で止めれば、高額なので違約金が発生しますし、返済できないと不動産担保を失うことになります。

 

不動産担保融資の利息

不動産担保融資でお金を借りると、どれくらいの利息がかかるのでしょうか?

不動産担保融資では、最低金利と最高金利が設定されています。

銀行や不動産担保融資会社によって異なりますが最低金利は2%くらいから最高金利が15%くらいまでです。

平均すると5%前後という事が多いでしょう。

不動産を担保としているので、お金を借りる方法の中では利息が低いです。

借りる方も貸す方も担保の不動産があるので安心して取引が行えます。

 

不動産担保融資の会社紹介

不動産担保融資の会社には次のようなところがあります。

 

・A不動産担保融資会社

下限金利:3.5%~上限金利8.5

事務手数料:2

金利タイプ:固定金利

申し込み年齢:20歳~75

保証人:不要

必要書類:不動産資料/収入証明書類/身分証明書

 

・B不動産担保融資会社

下限金利:2.4%~上限金利9.5

事務手数料:無料

金利タイプ:変動金利

申し込み年齢:20歳~75

保証人:不要

必要書類:不動産資料/収入証明書類/身分証明書

 

銀行や不動産担保融資会社によって手数料や金利など大きく異なります。

もしも、不動産担保融資を検討されるなら複数の銀行や会社を比較してから決めた方が良いです。

不動産担保融資は金額が大きいので、慎重に融資会社を決めるようにしましょう。

 

不動産担保融資手数料

不動産担保融資でお金を借りる時、不動産担保融資手数料が必要になることもあります。

手数料の金額は、不動産担保融資を行っている会社によって異なり、融資金額の2%という所が多いでしょう。

手数料が無料の会社もあります。

また、不動産担保融資の手続きで融資を受ける人が、融資会社まで来られない場合、更に2万円から4万円増えることもあります。

一般的には不動産担保融資手数料は、数万円程度が多いです。

 

不動産担保融資までの日数

不動産担保融資を選ぶポイントは、利息や手数料など色々ありますが、その中の一つがお金を借りるまでの日数です。

例えば、消費者金融などは、スマホなどを使うと、最短で審査が30分で、数時間後にはお金が振り込まれます。

不動産担保融資の場合、銀行だと約1ヶ月、その他の不動産担保融資会社だと1週間ほどです。

1週間後でも間に合うようなら、不動産担保融資会社が良いでしょう。

時間がかかっても利息を抑えたいという人は銀行で不動産担保融資を手続するとよいでしょう。

 

ですが、すぐにお金が必要な方は、不動産担保融資は向きません。

お急ぎの方は、消費者金融を利用する方法も検討してみてください。

消費者金融と銀行の違いは?!消費者金融でお金を借りる時の注意点や金利や審査まとめ

-借りる方法
-

Copyright© 今すぐお金を借りる大全集|すぐ借りれる17の方法+アルファ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.