借りる方法

郵便局でお金を借りる方法にはどんなものがある?知っておくべき種類とメリット・デメリット

更新日:

郵便局でお金を借りられることをご存知でしたか?

そもそも郵便局は、銀行とは違い郵便事業が主でしたが、現在は、ゆうちょ銀行が誕生してから金融商品なども増えてきました。

今回は、ゆうちょ銀行でお金を借りるとどのようなメリット・デメリットがあるのかまとめてみました。

 

郵便局でお金を借りる事はできるの?

郵便局は民営化になってから金融部門をゆうちょ銀行が担当しています。

ゆうちょ銀行でお金を借りる事はできるのでしょうか?

ゆうちょ銀行は、一般的な銀行と似た部分も多いのですが、ローンなどの貸し付けは行っていません。

その代わり、貯金や定期預金などがあれば、決まった範囲内で貸付けを行っています。

また、スルガ銀行と提携したカードローンやキャッシング、デビットカードなど新たな分野にもゆうちょ銀行は進出しています。

ゆうちょ銀行も、今後、金融商品が増える可能性もあるでしょう。

ゆうちょ銀行では、お金を借りる事ができますが、手続きが必要になるので、これから詳しく説明していきます。

 

郵便局のキャッシングとは?

キャッシングというと、クレジットカードのキャッシングや消費者金融を思い浮かべる人も多いでしょう。

実は、郵便局でもキャッシングをすることができます。

郵便局は、徒歩圏内にある事も多く、近くて便利なので他の金融機関よりも郵便局が良いという人も多いです。

郵便局でキャッシングができるのなら、何かあった時に利用したいという人もいるのではないでしょうか?

郵便局のキャッシングは大きく分けると次の2つがあります。

 

JPバンクカード

ゆうちょカードにクレジット機能とキャッシング機能が備わったカードです。

キャッシングは最大30万円まで利用する事ができます。

使い方は簡単で、全国にある郵便局のATMで、カードを使用してキャッシングできます。

また、インターネットもしくは専用のダイヤルで手続きすれば、自分の口座にお金が振り込まれキャッシングできます。

JPバンクカードは初年度無料ですが、次年度から年会費が必要ですので、メリットを考慮して使うようにしましょう。

返済方法はクレジットの支払に準じていて、一括払いとリボ払いから選ぶ事ができます。

 

カードローン「したく」

※カードローン「したく」は、スルガ銀行の行政処分を受け、2018年10月末をもって申し込みの受付を終了しています。

ゆうちょ銀行とスルガ銀行が提携する事によって生まれたカードローンが「したく」です。

どちらかというとスルガ銀行の商品になりますが、郵便局で取り扱っています。

「したく」での利用限度額は、10万円~500万円ですが、初めての方は300万円までしか貸してもらえません。

「したく」の金利は、消費者金融に比べると安いですが、銀行のカードローンに比べると高く、年7.0%~年14.9%です。

少額な借り入れだと3,000円から返済できるので、返済がしやすくとても便利だと言えます。

 

郵便局の担保貸付でお金を借りる方法

郵便局では、今まで紹介してきたキャッシング以外にも、担保を利用してお金をかりることもできます。

郵便局の担保の借り入れには3種類ありますので、それぞれ説明していきますね。

  • 貯金担保自動貸付け
  • 財産形成貯金担保貸付け
  • 国債等担保自動貸付け

 

貯金担保自動貸付け

ゆうちょ銀行では総合口座の担保定額貯金や担保定期貯金を担保にして貸付を行っています。

貸付方法は、残高を超える払い戻しがあった時、自動で不足分を貸し付けるというものです。

利用する場合は手続きが必要になります。

免許証や保険証など本人が確認できる書類が必要です。

利用限度額は、貯金の90%まで(一口座300万円まで)、担保定額貯金の利息が0.25%、担保定期預金の利息が0.5%になっています。

 

財産形成貯金担保貸付け

財形定額貯金や財形住宅定額貯金を担保として貸し付けます。

利用限度額は、貯金の90%まで(一口座300万円まで)、担保定額貯金の利息が0.25%です。

 

国債等担保自動貸付け

個人向け国債などを担保にして貸付けします。

利付国債×80%の貸付限度額は一人200万円まで、定期貯金利率は1.70%です。

 

郵便局の利息はどれくらい?

郵便局の貯金担保貸付けは、担保があるので利息はかなり安いです。

銀行のカードローンあたりだと2%くらいで利息が安いと言われますが、ゆうちょ銀行の貯金担保貸付けならば、利息が0.25%や0.5%になります。

ですが、利息が安い分、定期預金や貯金の預入が必要です。

限度額が預金の90%までなので、預金が100万円以上ないと90万円借りることができません。

ゆうちょ銀行からお金を借りる為には、ある程度の預金が無いといけないのです。

しかし、中には預金するような余裕がないという人もいますよね。

そんな人は、郵便局で借りるのは難しいため、消費者金融のカードローンがおすすめです。

担保も必要なく即日でお金を借りれるので、使いすぎないよう注意して利用すれば、最も便利でしょう。

 

必要な書類や手続き方法は?

※カードローン「したく」は、スルガ銀行の行政処分を受け、2018年10月末をもって申し込みの受付を終了しています。

郵便局でお金を借りる場合、どのような書類が必要なのでしょうか?

まず、JPバンクカードやカードローン「したく」の郵便局のキャッシングでは次のような書類が必要です。

 

  • 本人確認書類(運転免許所・マイナンバーカード・パスポートなど)
  • 収入証明書(源泉徴収票・給与明細書・所得証明書など)
  • 郵便局の通帳と印鑑

 

郵便局のキャッシングは、ATMでの返済もできる他、キャッシング限度額がJPバンクカードで30万円、したくで10万円から500万円までです。

50万円までなら収入確認資料も必要ありません。

また、郵便局に財形定額貯金、財形年金定額貯金、財形住宅定額貯金がある方は、これらの定額貯金などを担保としてお金を借りる事ができます。

定額貯金を担保としてお金を借りる場合、必要書類は本人確認書類と定額貯金の通帳、印鑑です。

郵便局の窓口でお金を借りたいと伝えれば簡単にお金を借りる事ができるでしょう。

 

郵便局の審査は厳しい?

※カードローン「したく」は、スルガ銀行の行政処分を受け、2018年10月末をもって申し込みの受付を終了しています。

郵便局でお金を借りる場合、キャッシングでも一定金額以上になると審査がありますが、審査自体厳しいのでしょうか?

JPバンクカードとカードローン「したく」は、銀行系のカードローンと同等の審査基準だと考えてください。

お金を借りる審査としては、収入面などで厳しい部類に入るでしょう。

他からの借り入れがあったり、収入面が不安定だったりすると断られる可能性もあります。

また、したくだと50万円以上の借入だと収入証明書が必要です。

所得証明書など準備しなければなりません。

 

その他の定期貯金を担保とした借り入れは、担保である定期預金がある為、比較的簡単にお金を借りる事が可能です。

郵便局に定期貯金などがあれば、担保にして借りた方が簡単でスピーディーだと言えます。

 

郵便局でお金を借りる注意点

基本的に郵便局でお金を借りる場合、手続きなどは、ゆうちょ銀行の営業時間内になるので、平日の郵便局営業時間と同じになります。

ATMなども小さな郵便局では早く閉まる事があるので気を付けましょう。

郵便局のキャッシングは、一部の金融機関でもできますので確認してください。

銀行でお金を借りる方法と比較してみたい方は、こちらの記事も合わせてご覧ください。

銀行からお金を借りるにはどうすれば良い?方法とローンの種類をご紹介します!

 

まとめ:郵便局でお金を借りることはできる!でも審査が厳しいことも

郵便局でお金を借りる方法は、大きく分けて「キャッシング」と「担保貸付」の2つの方法があります。

ですが、キャッシングの場合は審査基準が銀行と似ているため、銀行で借り入れできなかった人には難しいでしょう。

その場合、定期貯金担保貸付などを利用しましょう。

ですが、担保がなにもない方は、郵便局で借りる手がありませんので、消費者金融も検討してみてください。

消費者金融なら保証人や担保がなくてもお金をかりることができますよ。

プロミス

プロミスなら最短1時間で借りられる

プロミスは、ネットで申込みで審査通過後に自動契約機に行けば、平日14時過ぎでも土日祝日でも、最短でその日に借りられます。

一部無人契約機は9:00~22:00利用OK。(※一部21時もあります。)

Webからだとなんと最短1時間で借りることも!

24時間いつでも申し込みでき、最短30分で審査回答、契約内容をご確認後、最短10秒で振込みの融資が可能です。

プロミスなら、初回借入の翌日から30日間無利息のサービスも

※メールアドレス登録とウェブ明細利用の登録が必要

SMBCモビット

誰にもバレずに借りたいあなたにおすすめ

SMBCモビットなら、来店せずに即日融資も可能です。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座を持っていれば、WEBで申込が完結できます。

借入もネットで完結するので、家族にも周囲の人にも秘密にしておけます。

モビットカードなら1枚で、カードローン、クレジットカード、Tカードの3つの機能付き!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

アコム

たった3秒で借入可能か診断

アコムの30日間金利0円サービスは、初めての方なら契約日の翌日から30日利息ゼロ円。

公式サイトで、3項目入力するだけで借入可能か診断ができるので、審査が心配な方も安心です!

楽天銀行口座なら、24時間最短1分で振込み可能。

忙しい人の強い味方です。

-借りる方法
-

Copyright© 今すぐお金を借りる大全集|すぐ借りれる17の方法+アルファ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.