借りる方法

警察でお金を借りる方法といえば?公衆接遇弁償費制度を有効に活用しよう!

投稿日:

警察でお金を借りるなら公衆接遇弁償費制度を利用することになりますが、公衆接遇弁償費制度とはどういったものでしょうか?

誰でも利用できるのか?利息や返済期限など詳しい内容についてまとめてみました。

 

警察でお金を借りる事ができるのか?

お金に困ったら、まず、銀行や消費者金融に行ってお金を借りようとするのが一般的ではないでしょうか?

しかし、急に外出先で財布を落とした場合どうでしょう?

銀行や消費者金融では、免許証など個人が特定できない状態だとお金を貸してくれません。

携帯電話があっても、すぐに誰か迎えに来てくれるとは限らないのです。

そんな時は、警察に行ってみることをおすすめします。

運が良ければ、誰かが財布を届けてくれているかもしれませんし、財布が無い場合、警察がお金を貸してくれます。

これは、公衆接遇弁償費制度といって、全国どこの警察でも行ってくれるのです。

金額は千円程度ですが、自宅が近くなら十分帰る事ができます。

財布を落とした、スリに合った等の時は迷わず警察に行ってお金を借りる事も考えましょう。

 

公衆接遇弁償費制度を利用できる機関

公衆接遇弁償費制度は次のような機関で相談すると利用することができます。

  • 警察署
  • 駐在所
  • パトカー
  • 鉄道警察隊
  • 鉄道警察隊分駐所
  • 市役所などの企画課
  • 運転免許試験場
  • 地域安全センター

警察関係では公衆接遇弁償費制度を行っているので覚えておくと何かの時に役立つでしょう。

警察だけではなく、市役所や町役場、運転免許センターなどでも公衆接遇弁償費制度を行っていますので、困った時は問い合わせてみてください。

 

公衆接遇弁償費制度を利用できる理由

公衆接遇弁償費制度は、誰でも受けることができますが、正当な理由がないと受けることができません。

公衆接遇弁償費制度を利用できる理由には次のようなものがあります。

  • 外出先でスリにあった
  • 財布やカバンごと無くした
  • 行方不明者を保護した時の経費
  • 病人や交通事故負傷者の保護または救護で応急措置に必要な経費
  • 公衆接遇に適当と思われる経費

公衆接遇弁償費制度を利用される理由で多いのが、外出先で財布やカバンを無くした、スリにあって家に帰れないなどの理由です。

財布などを落とすことは誰でもあるので、困った時は警察に相談しましょう。

また、交通事故などで負傷した人を応急的に助けたりする時の経費は、公衆接遇弁償費でまかなえます

病人を病院へ、認知症の老人を保護して警察まで行くような時にも公衆接遇弁償費が出ますので警察に行ったら伝えましょう。

 

公衆接遇弁償費制度の利息や返済期限は?

公衆接遇弁償費制度は、困っている人を助けるという意味合いのお金です。

その為、原則千円以内しかお金を借りる事ができません。

その代わり、利息も付きませんし、返済期限も無いのです。

例えば、財布を落として、交番に行き、事情を話して公衆接遇弁償費制度を利用した場合、後日、同じ交番へ公衆接遇弁償費を返済に行きます。

家に帰って落ち着いてからという事になりますので、次の日でも良いですし、1週間以内なら全く問題ないでしょう。

日本人は律儀なので、困っている時に助けてもらったらほとんどの方が恩を返します。

その精神で公衆接遇弁償費制度が成り立っているので、お金を警察で借りたら、早めに返しましょう。

 

公衆接遇弁償費制度を悪用するとどうなるの?

公衆接遇弁償費制度は、金額が千円程度と少ないのですが、悪い人は悪用することがあります。

なぜなら、利子も付かないし返済期限も無いからです。

悪い人の中には、何度も嘘を付いて公衆接遇弁償費をせしめたケースもあります。

一時期は、この制度を悪用して借り逃げする人が3割を超えたため、警察でお金を借りることが難しくなりました。

これでは、本当に困っている人がお金を借りる事ができなくなります。

しかし、相手は警察ですから、そう何度もひっかかりません。

結局、その人は詐欺罪で逮捕されました。

金額が少ないですが、人の善意を悪用すると良い事は一つもありません。

もしも、困った時に公衆接遇弁償費制度を利用するなら、そこもきちんと覚えておきましょう。

 

本当に困った時だけ公衆接遇弁償費制度を活用しよう

公衆接遇弁償費制度は、いわゆる日本人の思いやりの心です。

外国ではこういう制度はありません。

貧しい人は、まず、悪用することから考えるからです。

しかし、日本人は武士道の国であり、根がまじめなので、困った時助けてくれた人に感謝をしても裏切るようなことは少ないでしょう。

そういう日本人の良い精神が現れているのが公衆接遇弁償費制度という仕組みではないでしょうか?

気軽に警察に行ってお金を借りようと思うのではなく、できるだけ、自分で困った状況になったら自分の力で対処するようにして、どうにもできない時だけ警察をたよるようにしましょう。

これ以上、公衆接遇弁償費制度を悪用する人が増えれば、この制度自体が廃止になるかもしれません。

公衆接遇弁償費制度は、日本文化の一つと考え、後世まで続けて行って欲しい制度の一つだと言えます。

-借りる方法
-

Copyright© 今すぐお金を借りる大全集|すぐ借りれる17の方法+アルファ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.