借りる方法

個人間融資の安全性は?利息やだましの手口を徹底解説してみました!

更新日:

個人間融資やレンタルキャッシュと聞くと、悪い事をしているようなイメージはありませんよね。

ですが、実は危ない取引だと知らずに手を出してしまったという人が多いです。

今回は、個人間融資でお金を借りるとどのようになる事があるのか?利息や被害例もご紹介します。

 

個人間融資とは?闇金業者がまぎれているの?

個人間融資とは、企業からお金を借りるのではなく、個人同士でお金の貸し借りをすることをいいます。

友人に急な出費でお金を借りた経験がある人もいるでしょうが、広い意味ではこれも個人間融資です。

一見、悪い事にも見えないのですが、実は個人間融資というエサに釣られて闇金まがいの嫌がらせをされてしまう事もあります。

知らない人にお金を貸したいという人と知らない人からお金を借りたいという人を結びつけるのが個人間融資サイトや掲示板です。

知らない人同士でも、お金の振り込みなどは口座間で行えますし、掲示板やライン、携帯メールを使うので最後まで相手に会うこともありません。

手続きや審査も不要なため、若い世代の方に個人間融資をする人が増えつつあります。

しかし、この個人間融資はトラブルが頻繁に起こっています。

最初は信頼できそうな人に見えていたのに、だんだん態度が変わっていき、後で実は個人を装った悪徳業者だったとわかる例もあります。

 

ネットの個人間融資は安全なのか?

インターネットは私たちの生活に多大な恩恵をもたらしています。

ネットショッピングなら自宅にいて欲しいものが手に入りますし、お店で買うよりも手軽で便利です。

しかし、それと同じような感覚で個人間融資をしてしまうのは危険です。

個人間融資の掲示板や個人間融資サイトでは、多くの詐欺や悪徳業者がからむトラブルが頻発しています。

なぜなら、個人間融資掲示板などでお金を貸したいと言っている人の多くは、会社員などの個人ではなく、闇金や090金融など、いわゆる悪徳業者だからです。

悪徳業者は、最初から個人間融資でお金を借りたいという人をだますつもりで掲示板に書き込みをしています。

もちろん、最初の条件は他の個人間融資同様、そんなに悪い条件は出さず、むしろお金に困っている人が借りたいと思うくらい好条件の事もあるのです。

そんな個人間融資に申し込むと、徐々に態度が変わり、利息の値上げや返済期限の変更など本性を現します。

個人間融資は、基本的に自己責任なので、警察に相談してもらちが明かず、悪徳業者だと訴えても明確な証拠がない限り営利目的だと証明するのが難しいのです。

実際に会って個人間融資をするなら別ですが、ネットでは相手の顔が判らない分、安全性は低いと考えた方が良いでしょう。

闇金融がどのようなものか知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

闇金から借りることで起こる可能性のある厳しい取り立て方法や手口を徹底解説!

 

個人間融資をする方法と流れ

個人間融資は、個人間のお金の貸し借りだから、銀行などからお金を借りるより手軽で、闇金のように悪徳業者からお金を借りるわけではないと思っている人もいます。

では、実際の個人間融資とはどのように行われるのでしょうか?

こちらでは、個人間融資の方法と流れについてご説明いたします。

 

個人間融資をする3つの方法と流れ

個人間融資は次の3つの方法で行なわれています。

  • 個人融資掲示板
  • 個人融資サイト
  • SNSの個人融資

 

このような掲示板やサイト、SNSは個人を装っていますが、ほとんどが悪徳金融業者か闇金だと言われています。

最終的に高金利だったり、金銭トラブルになったりすることが多いので注意しなければなりません。

 

個人間融資掲示板の流れ

ネット上には個人間融資掲示板があります。

こちらには、お金を貸したい人の情報が載っていて、金利や条件なども記載してある為、その条件に合う人がお金を借りたいと連絡するという流れです。

一見使いやすそうですが、個人間融資掲示板でのトラブルは発生しやすくなっています。

 

個人間融資サイトの流れ

個人間融資で検索すると個人間融資サイトが出てきます。

こちらの連絡フォームに必要事項(名前や住所、電話番号や職業など)を入力して送ると、サイトから連絡が来るという流れです。

中には、債務超過やブラックでもOKという個人融資サイトもあります。

闇金業者などが個人間融資サイトを運営している場合も多いです。

 

SNSの個人間融資の流れ

一定のSNSのサイト利用者に個人的に融資を持ち掛けてきます。

例えばツイッターなどでは、お金を借りたい人と貸したい人がハッシュタグ「#個人間融資」を付けて投稿しているのを見ることができるでしょう。

お金を借りたい人は、貸してくれる人を探すか、声をかけてもらうのを待つかして、個人間融資のチャンスをうかがいます。

このような人を見つけては、闇金業者などが主体となり、個人融資を個別に持ちかけます。

また、お金に困っている人をターゲットにして、個人情報の売買のために個人融資を持ち掛ける事もあるでしょう。

 

個人間融資の金利は?利息制限法で上限が決まっている

法律をご存知の方は、利息制限法の上限金利である年20%が個人間融資の利息上限だと知っているでしょう。

しかし、この利息は、あくまで上限であり、しかも金額によっては利息の取りすぎになります。

 

正しい個人間融資の利息上限は次の通りです。

  • 元金10万円未満:利息上限 年20%まで
  • 元金10万円~100万円未満:利息上限 年18%まで
  • 元金100万円以上:利息上限 年15%まで

つまり、個人間融資で30万円借りた場合、利息は18%が正解です。

それなのに20%と言ってOKしてしまった場合、利息制限法に違反しています。

しかし、この利息制限法に罰則はありません。

この為、個人間融資を悪用している悪徳業者が増えているのです。

 

ネット個人間融資だましの手口と被害例

ネットの個人間融資では、詐欺やトラブルが多発していますが、どんなだましの手口を使っているのでしょうか?

例えば、次のようなお金を貸したい人の情報が掲載されていて、思わずお金を借りたくなるように仕向けてあります。

 

名前:〇〇(名字だけのことが多い)

住所:都内〇〇区(詳しい住所は書かない)

融資期限:3ヶ月(もっと長い返済期間もある)

融資方法:振込み(直接会ってお金を貸すことは無い)

職業:働いている人のみ又は無職でもOK(真実味があるような記載をする)

債務整理歴・自己破産・ブラックリスト:OK(このような人でもお金を貸すと書いてある)

 

このような募集に呼応して連絡を取ると、パスポートや保険証、免許証の提示を求められます。

悪徳業者の場合、このような個人情報を個人間融資の掲示板で集めて音信不通になることもあります。

個人情報が売買される他、悪用されるケースも確認されています。

また、お金を貸す段階になって保証料や手数料を要求し、お金をもらったら音信不通になるケースもあるでしょう。

このような個人間融資の掲示板ではメールなどで連絡するので、相手の住所などを特定することもできません。

自称しているだけで本当に〇〇さんなのかさえも判らないのです。

 

個人間融資で貸す人の目的は?個人情報を盗まれることも

個人間融資でお金を貸してくれる人は、「ボランティア精神で困った人を助ける善良な一般人」ではありません。

そんな人は全くいないとは言い切れませんが、ほぼいないと思っておきましょう。

個人間融資でお金を貸すと持ちかけてくる人は以下のような目的で行っています。

  • 個人間融資で法外な金利を手に入れるため
  • 個人間融資で手数料を請求するケースも
  • 個人情報を狙っていることも

 

個人間融資で法外な金利をを手に入れるため

個人間融資は、一般の人よりも闇金などの悪徳業者がお金を貸しているケースが多いと言います。

このような悪徳業者からお金を借りてしまうと、最初は一般的な金利でお金を貸すという約束だったのに、色々と難題を吹っかけられた挙句、法外な金利を要求されてしまいます。

闇金ではトイチ(10日で1割)やトニ(10日で2割)など法外な金利を要求することがありますが、個人間融資でも後からこのような金利を請求される可能性があります。

相手は法律を守らない集団なので、取り立ても厳しく、借金地獄に落ちることとなるかもしれません。

 

個人間融資で手数料を請求するケースも

一般的な個人間融資の掲示板では、貸せるお金の最高金額、金利や期間などが掲載されていて、手数料を取るようなケースはありません。

しかし、中には手数料を取る代わりに金利を激安にするという誘い文句で、手数料だけ取られてお金を貸してくれないというケースもあります。

オレオレ詐欺にも似たようなものがありますが、手数料が目当てなので、最初からお金を貸す気はありません。

手数料を最初から要求するような個人間融資は、詐欺だと思って利用しない方が良いです。

 

個人情報を狙っていることも

個人間融資でお金を貸す人の中には、個人情報を盗むことが目的に人もいます。

例えば、お金を貸すから銀行の口座番号やカードの暗証番号などを教えてほしいと言われることもあるでしょう。

更にはクレジットカード番号やマイナンバーなどを聞かれるというケースもあります。

個人間融資と見せかけて個人情報を入手するので、このようなケースだと個人情報を散々伝えただけで終わり、お金を貸してもらえません。

気が付いた時には個人情報を悪用されていたというケースも多いです。

 

個人間融資を利用する人の特徴は?

個人間融資を利用する人には次のような特徴があります。

 

  • 多重債務者やブラックリストに名前が載っている方
  • 銀行や消費者金融が利用できない方
  • すぐにでもお金を借りたい方
  • 誰でも信用しやすい方
  • 無職の方や金融事故を起こしている方
  • 業者からお金を借りたくないという方

 

このような方は、個人間融資を利用しがちです。

個人間融資を闇金が行っているというケースも多いので気を付けなければなりません。

 

個人間融資に手を出す前に中小消費者金融を利用する方法も

個人間融資でないとお金を借りられないと思っている方もいらっしゃいますが、大手の消費者金融は無理でも、中小消費者金融ならOKという事があります。

消費者金融なら銀行と同じく、上限の金利が設定されている為、銀行や大手消費者金融と比べれば金利は高いかもしれませんが、安全性は個人間融資より格段に高いです。

上手い言葉に載せられて個人間融資でトラブルになるよりも、きちんとした中小消費者金融の方がましだと言えるでしょう。

比較的、審査が通りやすい中小消費者金融もあるので、まずはそのような所でお金を借りられないかどうかチェックしてみてください。

 

まとめ:個人間融資は安全ではない!利用しないほうが身のため!

このようにネットの個人間融資は、詐欺まがいの事が横行し、トラブルが頻発しています。

誰でもいいからお金を貸したいという人はそういませんので、騙されないようにしましょう。

ほとんど、このような掲示板でお金を貸すと言っているのは、悪徳業者か闇金だと言われています。

被害者になりかねませんのでネットの個人間融資は利用しないことが最善策です。

ネットの個人間融資や闇金以外でお金を借りる方法はこちらを参考にしてください。

消費者金融と銀行の違いは?!消費者金融でお金を借りる時の注意点や金利や審査まとめ

プロミス

プロミスなら最短1時間で借りられる

プロミスは、ネットで申込みで審査通過後に自動契約機に行けば、平日14時過ぎでも土日祝日でも、最短でその日に借りられます。

一部無人契約機は9:00~22:00利用OK。(※一部21時もあります。)

Webからだとなんと最短1時間で借りることも!

24時間いつでも申し込みでき、最短30分で審査回答、契約内容をご確認後、最短10秒で振込みの融資が可能です。

プロミスなら、初回借入の翌日から30日間無利息のサービスも

※メールアドレス登録とウェブ明細利用の登録が必要

SMBCモビット

誰にもバレずに借りたいあなたにおすすめ

SMBCモビットなら、来店せずに即日融資も可能です。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座を持っていれば、WEBで申込が完結できます。

借入もネットで完結するので、家族にも周囲の人にも秘密にしておけます。

モビットカードなら1枚で、カードローン、クレジットカード、Tカードの3つの機能付き!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

アコム

たった3秒で借入可能か診断

アコムの30日間金利0円サービスは、初めての方なら契約日の翌日から30日利息ゼロ円。

公式サイトで、3項目入力するだけで借入可能か診断ができるので、審査が心配な方も安心です!

楽天銀行口座なら、24時間最短1分で振込み可能。

忙しい人の強い味方です。

-借りる方法
-

Copyright© 今すぐお金を借りる大全集|すぐ借りれる17の方法+アルファ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.