借りる条件

低金利なところでお金を借りたい!低金利な金融機関まとめ

更新日:

低金利でお金を借りるなら銀行という人も多いですが、銀行以外にも低金利でお金を借りる方法は色々あります。

今回は意外に知られていない、低金利で借りる方法についてまとめました。

 

定番の銀行カードローンは意外に金利が高め?

まずは低金利の定番、銀行借入です。

銀行の目的別のローンは低金利で利用しやすいですが、手続きが面倒だったり、お金を借りるまでに時間がかかったりします。

それに比べると、銀行のカードローンは審査はあるものの、目的別ローンに比べて手続きも簡単で出し入れ自由なのでとても便利です。

ただし、消費者金融のカードローンに比べれば若干安いものの、大きな差はありません。

一般的な銀行のカードローンだと年利3%~15%くらいになります。

借りた金額が少ない程、金利が高くなるのはどの銀行も同じです。

消費者金融の金利が年利5%~18%程度ですから、銀行のカードローン金利も若干安い程度で低金利とは言えません。

それでも利用者が多いのは普段利用する機会が多く、親しみやすさという理由が大きいようです。

銀行からお金を借りるにはどうすれば良い?方法とローンの種類をご紹介します!

  銀行なら目的別ローンがおすすめ

銀行でお金を借りるなら目的別ローンがおすすめです。

なぜなら、銀行の目的別ローンは、低金利なので総額がかなり安くなります。

銀行の目的別ローンには次のようなものがあります。

  • 住宅ローン
  • 教育ローン
  • カーローン
  • フリーローン

例えば、カーローンをカーディーラーのローンと比較してみましょう。

カーディーラーのローンだと年利5%が主流です。

銀行のカーローン相場は年利2%~4%ですから、一番安い金利だと3%ほど安くなる計算になります。

100万円かりて3%違えば、2年で6万円、4年で12万円、利息が安くなるのです。

キャンペーンなどで更に銀行金利が安くなることもあるので、そういう時を狙って銀行でお金を借りるのも低金利で良いでしょう。

 

日本政策金融公庫は条件が合わないと借りられない

日本政策金融公庫も低金利でお金を借りる事ができる金融機関です。

金利は一番安いもので0.66%、高くても3%に届かないくらいで低金利といえるでしょう。

ただし融資の種類によって利用条件が細かく分かれています。

多くは事業者向けのものが多いので、給与所得者は借入条件に合わない場合もあります。

また、政府系の金融機関なので、納税をきちんとしている人にしかお金を貸してくれません。

利用条件さえ合えば、お金を低金利で借りられますが、条件が合わない場合、借りることができないので注意しましょう。

 

担保を出せば低金利でお金を借りられる

低金利でお金を借りる方法には担保を出すというのがあります。

お金が返せなければ担保を失うというリスクもある為、担保を出して低金利融資を受ける際は注意が必要です。

  1.  株式担保融資
  2. 不動産担保融資

株式担保融資

株式など、有価証券を担保にしてお金を借りる方法です。

国内有名企業の株式や国債などを証券会社などに預けて銀行からお金を借りる事ができます。

証券会社のサービスとして利用できるのです。

これなら、株式など有価証券を売らずにお金を借りる事ができ、低金利の融資を受けられます。

年利1.5%~と低金利でお金を借りる事ができるのも魅力です。

ただし、有価証券によっては株価の50%分しか融資を受ける事ができません。

他にも株価が下がると一括返済などが必要になることもあります。

 

不動産担保融資

土地や建物など不動産を担保にしてお金を借ります。

銀行やファイナンシャル会社、不動産会社が行っている融資です。

消費者金融等に比べると不動産担保があるのでかなり低金利になっています。

不動産担保融資は年利2.5%~10%という商品もあって大口融資も受けられるのです。

お金を貸す方も担保があるので安心して貸すことができます。

 

ノンバンクのAI審査も実は低金利

お金を低金利で借りる方法には、AI審査というものがあるのをご存知でしょうか?

最近利用者が増えている融資で、人工知能AIを利用しスピーディーで低金利というのが特徴です。

インターネットで申し込みが完結し、早ければ即日振り込まれ、AI審査点数によっては、かなり多い金額を低金利で融資してもらえます。

ある金融機関のAI審査は、年利は2.1%~12%です。

銀行のカードローンや消費者金融よりかなり低金利と言えるでしょう。

お金を借りるスピードも速いので、急ぎでお金が必要な場合は、AI審査を導入している金融機関検討してみてください。

レイクアルサやJスコアでAI審査を受けてお金を借りる方法と対策とは?

 

結局どこでお金を借りると低金利?

お金を借りようと思うと、まずは銀行と思われる方が多いのですが、手間などを考えると消費者金融の方が早くて良いという人もいます。

しかし、消費者金融などは、スピーディーな分、金利が高く、最終的には利息でかなりの金額を払うこともあるのです。

後から後悔しない為にも低金利の金融機関を利用した方が良いでしょう。

お金を急ぎで借りたいという時は、AI審査をやってみてください。

インターネット完結なので、24時間365日申し込みができます。

日数に余裕があり、借りたお金の利用目的がハッキリしているなら政府系の金融公庫がおすすめです。

何と言っても0.66%からの金利なので返済も楽でしょう。

政府系の金融公庫が難しい場合、銀行でお金を借りることをおすすめします。

目的別ローンならかなり低金利です。

プロミス

プロミスなら最短1時間で借りられる

プロミスは、ネットで申込みで審査通過後に自動契約機に行けば、平日14時過ぎでも土日祝日でも、最短でその日に借りられます。

一部無人契約機は9:00~22:00利用OK。(※一部21時もあります。)

Webからだとなんと最短1時間で借りることも!

24時間いつでも申し込みでき、最短30分で審査回答、契約内容をご確認後、最短10秒で振込みの融資が可能です。

プロミスなら、初回借入の翌日から30日間無利息のサービスも

※メールアドレス登録とウェブ明細利用の登録が必要

SMBCモビット

誰にもバレずに借りたいあなたにおすすめ

SMBCモビットなら、来店せずに即日融資も可能です。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座を持っていれば、WEBで申込が完結できます。

借入もネットで完結するので、家族にも周囲の人にも秘密にしておけます。

モビットカードなら1枚で、カードローン、クレジットカード、Tカードの3つの機能付き!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

アコム

たった3秒で借入可能か診断

アコムの30日間金利0円サービスは、初めての方なら契約日の翌日から30日利息ゼロ円。

公式サイトで、3項目入力するだけで借入可能か診断ができるので、審査が心配な方も安心です!

楽天銀行口座なら、24時間最短1分で振込み可能。

忙しい人の強い味方です。

-借りる条件
-

Copyright© 今すぐお金を借りる大全集|すぐ借りれる17の方法+アルファ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.