借りる方法

銀行からお金を借りるにはどうすれば良い?方法とローンの種類をご紹介します!

投稿日:

銀行と言っても様々ですが、お金を貸してくれるのはどのような銀行でしょうか?

こちらでは、銀行の種類やローンのどんな手続きが必要なのか?

銀行でお金を借りる知識やノウハウをまとめてみました。

住宅ローンやカーローンなど、銀行でお金を借りる機会はあるかもしれませんので参考にしてください。

 

 どんな銀行からお金を借りるといいの?

銀行と言っても、色々な種類があるのをご存知でしょうか?

お金を造る日本銀行を筆頭に、三菱・みずほ・三井住友の三大メガバンクがあります。

他にも大手銀行の三井住友トラストホールディングス、楽天銀行やジャパンネットバンクなどのネット銀行があり、地方銀行・信託銀行・信用金庫、信用組合などが控えているのです。

身近な銀行と言えば、地方銀行や信用金庫あたりではないでしょうか?

水道光熱費や住宅ローンなどを払う口座を持っている人も多いでしょう。

銀行でお金を借りるとなると、近くの地方銀行辺りに行かれる方も多いですが、実は、ネット銀行や三大メガバンクの中にも個人融資をしている銀行があります。

金利がかなりお得になっているプランもあるので、よく調べてから借りるようにしましょう。

 

銀行は個人融資がたくさんある

銀行でお金を借りると聞くと、企業や個人事業主が会社などの資金繰りでお金を借りるイメージが強いですが、個人向けの商品もたくさんあり、実際、銀行からお金を借りている人は多いです。

特に、普段から利用する事が多い地方銀行や信用金庫などは、安心感もありますし、お金を借りる相談もしやすい雰囲気があるでしょう。

特に、家を建てている人の多くが銀行で住宅ローンを借りて返済しています。

最初は相談しにくいかもしれませんが、思い切って話してみると、案外、簡単に銀行でお金が借りられたという人もいらっしゃるでしょう。

銀行によっては、積極的にお金を貸している場合もあるので、低利息で安心してお金を借りることができます。

 

銀行のカードローンとは?

銀行のカードローンは、消費者金融などのカードローンと同じく、カードさえ発行すれば手続き不要で何度でも借りる事ができ、返済も分割で行えて便利です。

その上、銀行のカードローンは、利息が消費者金融に比べて安いので利用しやすいでしょう。

また、銀行によっては極度額を1,000万円まで設定できるものもあるので、大口の融資も即対応できます。

 

銀行の目的別ローン種類

銀行の目的別ローンには次のようなものがあります。

 

住宅ローン

銀行でお金を借りると言うと、住宅ローンを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

一昔前は、住宅金融公庫から借りることが多かったですが、現在は銀行の住宅ローンでお金を借りて新築やリフォームをするのが一般的になっています。

銀行によって金利は若干異なりますが、住宅ローンの金利は低めです。

固定金利や変動金利など金利もどちらか選べます。

団体信用生命保険への加入や収入が300万円以上など、住宅ローンを借りるにはいくつか条件がありますので、銀行で比較してみましょう。

 

マイカーローン

車を購入する時に利用すると便利なローンです。

金利は2%~4%が主流になっていて、他のローンよりかなり低金利になっています。

源泉徴収所や勤続年数何年以上など条件がある場合も多いです。

それぞれの銀行で条件が異なりますのでチェックしてみてください。

 

教育ローン

教育ローンは、子どもが学校に入学する時の入学金や授業料に使う事ができるローンです。

条件としては、義務教育以上の学校で私立小中学校、高校や専門学校という風に学校や用途も決められています。

その代わり、金利は安めです。

 

フリーローン

フリーローンは、カードローンと同じような審査が必要ですが、まとまったお金を借りて、毎月返済するというものです。

住宅ローンや教育ローンのように目的が無ければ借りられないお金とは異なります。

旅行に使っても良いですし、留学や起業の為に使う人もいるでしょう。

金利は、少々高めですが、それでも消費者金融よりは安いです。

住宅建築や教育資金、車の購入資金でない場合はフリーローンでお金を借りるようにしましょう。

 

銀行の審査基準や保証人

銀行でお金を借りる場合、その人にお金を貸すかどうか審査(ローン審査)があります。

銀行の審査では、次のような事が審査対象となりますので確認しておきましょう。

  • 申請者の年収
  • 申請者の勤務年数
  • ブラックリストに記載が無いか
  • 銀行での口座残高や取引履歴
  • 多重債務が無いか
  • その他

また、借りるお金の金額によってお金を貸すかどうか異なります。

少ない金額の場合、審査に通りやすく大金になると審査に時間がかかるでしょう。

例えば、マイカーローンで100万円借りる場合と住宅ローンで3千万円借りるのとでは、審査内容や審査日数も異なります。

 

銀行でお金を借りる時の注意点

銀行でお金を借りる場合、カードローンにしても必ず審査があります。

消費者金融のように手続きや審査をして、すぐにお金を借りることは銀行の場合できません。

緊急でお金が必要な場合は、銀行以外の金融機関でお金を借りるようにしましょう。

また、銀行は金利が安い分、審査が厳しいです。

きちんと返済の見込みがある人にしかお金を貸しません。

無色の方や所得が低い方、アルバイトの方などは、お金を借りることが難しいかもしれません。

まずは、銀行でお金を借りたいなら、借りられるかどうか相談してみましょう。

 

-借りる方法
-

Copyright© 今すぐお金を借りる大全集|すぐ借りれる17の方法+アルファ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.