借りる方法

銀行からお金を借りるにはどうすれば良い?方法とローンの種類をご紹介します!

更新日:

銀行と言っても様々ですが、お金を貸してくれるのはどのような銀行でしょうか?

こちらでは、銀行の種類やローンにはどのような手続きが必要なのか?など、銀行でお金を借りる知識やノウハウをまとめてみました。

住宅ローンやマイカーローンなど、銀行でお金を借りる機会はあるかもしれませんので参考にしてください。

 

銀行は個人融資がたくさんある

銀行でお金を借りると聞くと、企業や個人事業主が会社などの資金繰りでお金を借りるイメージが強いですよね。

ですが、個人向けの商品もたくさんあり、実際、銀行からお金を借りている人は多いです。

普段から利用する事が多い地方銀行や信用金庫などは、安心感もありますし、お金を借りる相談もしやすい雰囲気があるでしょう。

特に、家を建てている人の多くが銀行で住宅ローンを借りて返済しています。

最初は借りられるか心配になるかもしれませんが、思い切って話してみると、案外、簡単に銀行でお金が借りられたという人もいらっしゃいます。

銀行によっては、積極的にお金を貸している場合もあるので、低利息で安心してお金を借りることができます。

 

銀行からお金を借りる方法の種類と特徴

銀行からお金を借りる方法は、種類によって異なります。

目的に合わせて組むローンもあれば、使い方自由のローンなどもあり、それぞれ特徴が違うため、借りる方法も変わってきます。

 

銀行の目的別ローンとは?

銀行の目的別ローンには次のようなものがあります。

  •  住宅ローン
  • マイカーローン
  • 教育ローン
  • フリーローン

 

住宅ローン

銀行でお金を借りると言うと、住宅ローンを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

一昔前は、住宅金融公庫から借りることが多かったですが、現在は銀行の住宅ローンでお金を借りて新築やリフォームをするのが一般的になっています。

銀行によって金利は若干異なりますが、住宅ローンの金利は低めです。

固定金利や変動金利など金利もどちらか選べます。

団体信用生命保険への加入や年収が300万円以上など、住宅ローンを借りるにはいくつか条件がありますので、銀行で比較してみましょう。

 

マイカーローン

車を購入する時に利用すると便利なローンです。

金利は2%~4%が主流になっていて、他のローンよりかなり低金利になっています。

源泉徴収所や勤続年数何年以上など条件がある場合も多いです。

それぞれの銀行で条件が異なりますのでチェックしてみてください。

 

教育ローン

教育ローンは、子どもが学校に入学する時の入学金や授業料に使う事ができるローンです。

条件としては、義務教育以上の学校で私立小中学校、高校や専門学校という風に学校や用途も決められています。

その代わり、金利は安めに設定されています。

 

フリーローン

フリーローンは、カードローンと同じような審査が必要ですが、まとまったお金を借りて、毎月返済するローンです。

住宅ローンや教育ローンのように目的が無ければ借りられないお金とは異なります。

旅行に使っても良いですし、留学や起業の為に使う人もいるでしょう。

金利は、少々高めですが、それでも消費者金融よりは安いです。

住宅建築や教育資金、車の購入資金でない場合はフリーローンでお金を借りるようにしましょう。

 

ビジネスローン(事業者ローン)

事業者ローンやビジネスローンと呼ばれる個人事業主や会社単位でお金を借りるローンです。

銀行により様々な事業者ローンがありますが、事業資金なら幅広い範囲でお金を借りられるので、運用資金として利用している事業者も多くいます。

銀行から事業者ローンを借りる場合、業績はもちろん、税金の納付状況、債務超過など、審査が厳しいと感じる部分もあるでしょう。

しかし、銀行の事業者ローンは金利も安いので、手間がかかっても借りたいという事業者は多いです。

 

銀行のカードローンとは?

銀行のカードローンは、消費者金融などのカードローンと同じように、カードさえ発行すれば手続き不要で何度でも借りる事ができ、返済も分割で行えて便利です。

その上、銀行のカードローンは、利息が消費者金融に比べて安いので利用もしやすいでしょう。

 

また、銀行によっては極度額を1,000万円まで設定できるものもあるので、大口の融資も即対応できます。

 

銀行カードローンと消費者金融の違いは?

銀行カードローンは、以前に比べると手軽にお金が借りられるイメージが強くなっていますが、消費者金融と比べるとどうでしょうか?

まず、銀行カードローンは金利が消費者金融より安いです。

 

特に注目してほしいのは最高金利の方。

なぜなら、最低金利は数百万円借りた時の金利になります。

つまり、借りる金額が数万円から数十万円だと、限りなく最高金利に近づくのです。

銀行だと金利が1%~15%くらいですが、消費者金融の場合、3%~20%とかなり高くなっています。

闇金などに比べれば消費者金融の金利は安いですが、それでも銀行と比較すると高いです。

 

しかし、消費者金融にもメリットがあります。

消費者金融は、銀行カードローンに比べるとお金を借りられるまでの時間が早いです。

すぐにでもお金が必要だという人は、消費者金融だと最短30分程で借りられることが大きなメリットと言えるでしょう。

銀行カードローンの場合は、銀行に出向き相談や審査など時間がかかります。

平日の昼間に仕事をしている人なら、銀行へ行くのも難しいという場合もあるでしょう。

この点を考えると消費者金融なら365日24時間スマホでお金を借りる事もできるので便利です。

詳しくは以下のページをご覧ください。

消費者金融と銀行の違いは?!消費者金融でお金を借りる時の注意点や金利や審査まとめ

 

どんな銀行からお金を借りるといいの?

銀行と言っても、色々な種類があるのをご存知でしょうか?

お金を造る日本銀行や、三菱・みずほ・三井住友の三大メガバンクは有名ですよね。

他にも大手銀行の三井住友トラストホールディングスや、楽天銀行やジャパンネットバンクなどのネット銀行、地方銀行・信託銀行・信用金庫、信用組合などが控えています。

身近な銀行と言えば、地方銀行や信用金庫あたりではないでしょうか?

水道光熱費や住宅ローンなどを払う口座を持っている人も多いでしょう。

銀行でお金を借りるとなると、近くの地方銀行に行かれる方も多いですが、実は、ネット銀行や三大メガバンクの中にも個人融資をしている銀行があります。

金利がかなりお得になっているプランもあるので、様々な銀行を調べてから借りるようにしましょう。

 

銀行でお金を借りる条件は?審査基準や保証人

銀行でお金を借りる場合、その人にお金を貸すかどうかの審査(ローン審査)があります。

銀行の審査では、次のような事が審査対象となりますので確認しておきましょう。

  • 申請者の年収
  • 申請者の勤務年数
  • ブラックリストに記載が無いか
  • 銀行での口座残高や取引履歴
  • 多重債務が無いか
  • その他

また、借りるお金の金額によってお金を貸すかどうか異なります。

少ない金額の場合、審査に通りやすく大金になると審査に時間がかかるでしょう。

例えば、マイカーローンで100万円借りる場合と住宅ローンで3千万円借りるのとでは、審査内容や審査日数も異なります。

 

銀行でお金を借りる時の必要書類

銀行でお金を借りる時は、次のような必要書類を準備しましょう。

 

  • 「身分証明書」…運転免許証・パスポート・健康保険証・マイナンバーカード
  • 「収入証明書」…源泉徴収票・給与明細書・納税通知書・納税証明書・所得証明書・確定申告書
  • 「その他」…住民票・印鑑証明

 

 銀行でどのようなローンを組むかにより必要書類が異なります。

例えば、住宅ローンのように大金を銀行から借りる場合は、身分証明書や収入証明書の他に住宅会社の見積りなども必要になりますし、カーローンなら、購入したい自動車の見積りなども必要です。

銀行カードローンでも少ない金額だと身分証明書のみでOKという場合もあります。

 

まとめ:銀行でお金を借りる時のデメリット

銀行でお金を借りる場合、カードローンにしても必ず審査があります。

消費者金融のように手続きや審査をして、すぐにお金を借りることは銀行の場合できません。

緊急でお金が必要な場合は、銀行以外の金融機関でお金を借りるようにしましょう。

また、銀行は金利が安い分、審査が厳しいです。

きちんと返済の見込みがある人にしかお金を貸しません。

無職の方や所得が低い方、アルバイトの方などは、お金を借りることが難しいかもしれません。

まずは、銀行でお金を借りたいなら、借りられるかどうか相談してみましょう。

 すぐにお金を借りたい方や、銀行でお金をかりるのが難しい方は、消費者金融を利用してみてください。

消費者金融と銀行の違いは?!消費者金融でお金を借りる時の注意点や金利や審査まとめ

 

プロミス

プロミスなら最短1時間で借りられる

プロミスは、ネットで申込みで審査通過後に自動契約機に行けば、平日14時過ぎでも土日祝日でも、最短でその日に借りられます。

一部無人契約機は9:00~22:00利用OK。(※一部21時もあります。)

Webからだとなんと最短1時間で借りることも!

24時間いつでも申し込みでき、最短30分で審査回答、契約内容をご確認後、最短10秒で振込みの融資が可能です。

プロミスなら、初回借入の翌日から30日間無利息のサービスも

※メールアドレス登録とウェブ明細利用の登録が必要

SMBCモビット

誰にもバレずに借りたいあなたにおすすめ

SMBCモビットなら、来店せずに即日融資も可能です。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座を持っていれば、WEBで申込が完結できます。

借入もネットで完結するので、家族にも周囲の人にも秘密にしておけます。

モビットカードなら1枚で、カードローン、クレジットカード、Tカードの3つの機能付き!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

アコム

たった3秒で借入可能か診断

アコムの30日間金利0円サービスは、初めての方なら契約日の翌日から30日利息ゼロ円。

公式サイトで、3項目入力するだけで借入可能か診断ができるので、審査が心配な方も安心です!

楽天銀行口座なら、24時間最短1分で振込み可能。

忙しい人の強い味方です。

-借りる方法
-

Copyright© 今すぐお金を借りる大全集|すぐ借りれる17の方法+アルファ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.