借りる条件

配偶者貸付制度を使って専業主婦でもお金を借りる事ができる!お金が必要な専業主婦必見

更新日:

専業主婦でもお金が必要になる事はあります。

できれば、旦那さんに内緒でお金を借りたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

こちらでは、専業主婦にもお金を貸してくれる金融機関や家族にだまって貸してもらえるか?

いくら貸してもらえるかをまとめてみました。

 

専業主婦は消費者金融でお金を借りられない

お金を借りるというと、消費者金融を思い浮かべる人が多いですが、専業主婦は消費者金融でお金を借りることができません。

中でも消費者金融の場合は、貸金業法の中に「総量規制」というルールがあり、年収の1/3以上は借入できないことになっています。

そもそも無収入の専業主婦は、このルールに従えばお金を借りれないことになります。

その為、消費者金融ではお金を借りる事ができないのです。

 

銀行で専業主婦はお金を借りられるのか?

銀行の場合、金利が安い目的別ローンとカードローンでお金を借りる事ができますが、専業主婦は目的別ローンでお金を借りる事ができません。

なぜなら、目的別ローンは年収や勤続年数に応じてお金を貸すからです。

しかし、カードローンは違います。

銀行のカードローンの中には、専業主婦でもお金を借りる事ができるものがあるのです。

目的別ローンに比べると金利は高めですが、無収入の専業主婦でも銀行のカードローンなら借りる事ができるでしょう。

ただし最近は返済能力の低い専業主婦には融資を控えるという金融機関も増えてきているので、まずは自分が利用している銀行などからあたってみてください。

  

専業主婦はバレずにお金を借りられるのか?

基本的に銀行のカードローンで専業主婦がお金を借りる場合、配偶者の同意書がいるのでバレずにお金を借りるのは難しいです。

無収入の専業主婦は配偶者(夫や妻)に安定した収入があればお金を借りる事ができます。

これを配偶者貸付といって、配偶者の年収を参考に審査するのです。

この時、必ず配偶者の同意書が必要になります。

しかし、最近では銀行のカードローンもインターネットで申し込めるようになっていて、スピーディーに融資してくれることもあります。

更に次のような事に気を付ければ、旦那さんにバレずお金を借りる事ができます。

  • 銀行からの郵便物に気を付ける
  • ネットの閲覧やメール管理
  • ローンカードの保管
  • 督促電話
  • きちんと返済

これらの事を守れば専業主婦でもばれずにお金を借りる事ができるかもしれません。

後でバレればトラブルになるケースもあるので、よく考えて内緒にするかどうか決めてください。

 

専業主婦はいくらまで借りられる?利息は?

配偶者貸付によって、銀行のカードローンでお金を借りる事もできますが、いくらまで借りられるのでしょうか?

銀行側も返済能力が元々無い主婦に大金を貸してくれることはありません。

どこの銀行でも専業主婦に貸すのは10万円から30万円くらいまでです。

どんなに必要でも収入が無いのですから、これくらい貸してもらえるだけでも良しとしましょう。

何軒かの銀行カードローンを作れば数百万円で着ると思う人がいるかもしれませんが、その辺りの情報は銀行も把握しているので、複数でお金を借りようとしても難しいです。

 

専業主婦は少額しか借りれない

 専業主婦は主婦業が専門で夫の収入で生活している為、無収入扱いになります。

その為、銀行のカードローンや消費者金融で例えお金が借りられたとしても無収入です。

特に消費者金融の場合『収入の三分の一までお金を借りられる』というルールがある為、無収入の専業主婦はお金を借りる事ができません。

また、金融機関や金融業者でお金を借りられたとしても少額しか借りれません。

特に夫に内緒でお金を借りるような場合は、バレないようにしなければならない為、借りるお金も少額になります。

少ない場合10万円まで、多くても30万円から50万円程度です。

数百万円単位の借入は専業主婦だとできないと考えた方が良いでしょう。

 

銀行カードローンの金利はいくら?

専業主婦だと消費者金融は利用するのが難しいですが、銀行カードローンなら利用できるケースもあります。

でも、銀行カードローンを利用したことが無い方は金利がいくらぐらいなのか心配だとお考えでしょう。

専業主婦の場合、収入減が夫だけなので、できるだけ金利も節約したいと思われるのではないでしょうか?

比べてみると銀行カードローンにはそれぞれの銀行によって金利が色々なので注意した方が良いです。

一般的に銀行カードローンの金利は、1.8%~18%までが多いです。

中には最低金利が4%の所もありますし、最高金利が14.5%と低い場合もあります。

少しでも金利を抑えたい専業主婦の方は、銀行カードローンの金利を比較してから申し込むようにしましょう。

 

クレジットカードがあればキャッシング可能

専業主婦でもクレジットカードは作る事ができます。

本人は作る事ができなくても、旦那のクレジットカードの家族カードでキャッシングする事も可能です。

クレジットカードのキャッシングなら審査もありませんし、限度額も設定されているので使いすぎ対策にもなります。

ただし、クレジットカードのキャッシングは、消費者金融並みに利息が高く、18%くらいのケースも多いです。

専業主婦は、いざという時の為にクレジットカードのキャッシングを取っておいて、普段は使わないようにしておくのが無難でしょう。

クレジットカードでお金を借りる時の注意点や気になる返済方法教えます!

 

闇金が専業主婦を狙っています

専業主婦の中には、浪費やギャンブル、生活費が足りない等の理由でお金に困り、旦那さんに相談もできず悩んでいる人も多いです。

銀行のカードローンも利用してみたけど、30万円くらいまでしか貸してもらえません。

そんな時『誰でも貸します』『専業主婦でもOK』という広告を見て、金融業者からお金を借りる事もあるでしょう。

しかし、このような金融業者の多くは闇金です。

闇金のターゲットは、多重債務者やブラックの方だけではなく専業主婦もいます。

旦那さんに内緒でお金を借りられる等、甘い言葉を言ってお金を貸し付けるでしょう。

特に専業主婦で真面目そうな人には多めにお金を貸し、高い利息を取ろうとするのです。

一度、闇金に手を出すと、脅迫され旦那さんにばらすとか家に取り立てに行くと言われて、借金地獄に陥ってしまうこともあります。

どんなにお金に困っても、専業主婦の方は闇金に手を出さないようにしましょう。

闇金から借りることで起こる可能性のある厳しい取り立て方法や手口を徹底解説!

 

まとめ:専業主婦は銀行カードローンを利用しよう

専業主婦でお金を借りる場合、金利や借りやすさ、安全性を考えても銀行カードローンがおすすめです。

銀行は何と言っても安全性が高いですし、騙されるようなこともありません。

また、短期間ならかなり安い金利でお金を借りる事も可能です。

専業主婦なら時間に余裕があるので、銀行が開いている時間帯に申し込みや返済に行くこともできますし、便利さや安全性で総合的に考えても銀行カードローンが一押しになります。

プロミス

プロミスなら最短1時間で借りられる

プロミスは、ネットで申込みで審査通過後に自動契約機に行けば、平日14時過ぎでも土日祝日でも、最短でその日に借りられます。

一部無人契約機は9:00~22:00利用OK。(※一部21時もあります。)

Webからだとなんと最短1時間で借りることも!

24時間いつでも申し込みでき、最短30分で審査回答、契約内容をご確認後、最短10秒で振込みの融資が可能です。

プロミスなら、初回借入の翌日から30日間無利息のサービスも

※メールアドレス登録とウェブ明細利用の登録が必要

SMBCモビット

誰にもバレずに借りたいあなたにおすすめ

SMBCモビットなら、来店せずに即日融資も可能です。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座を持っていれば、WEBで申込が完結できます。

借入もネットで完結するので、家族にも周囲の人にも秘密にしておけます。

モビットカードなら1枚で、カードローン、クレジットカード、Tカードの3つの機能付き!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

アコム

たった3秒で借入可能か診断

アコムの30日間金利0円サービスは、初めての方なら契約日の翌日から30日利息ゼロ円。

公式サイトで、3項目入力するだけで借入可能か診断ができるので、審査が心配な方も安心です!

楽天銀行口座なら、24時間最短1分で振込み可能。

忙しい人の強い味方です。

-借りる条件
-

Copyright© 今すぐお金を借りる大全集|すぐ借りれる17の方法+アルファ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.