借りる条件

外国人が日本でお金を借りる時に注意すべき点まとめ。制度や金融機関などご紹介します!

更新日:

外国人は日本でお金を借りようとしても難しいと考えられています。

ただし、条件さえ合えば、お金を借りる事ができるのです。

どうやったらお金を借りられるのか?

借入条件をご紹介します。

 

お金を借りられる外国人と借りられない外国人

外国人は基本的にお金を借りる事ができないというのが日本の金融機関ではスタンスになっています。

なぜなら、外国人は母国に帰国したら返済をしてもらえないリスクが大きいからです。

しかし、外国人でも借入条件さえ合えば、お金を借りる事ができます。

お金を借りられる外国人と借りられない外国人には次のような違いがあるのです。

 

お金を借りる事ができる外国人の条件とは?

  • 日本に長くいる
  • 安定的な収入がある
  • 在留期間が多く残っている
  • 日本語が話せて読み書きできる

この4つの条件が合う外国人は日本でお金を借りる事ができます。

外国人の場合、過去の信用調査が困難なので、日本での在留期間や収入が安定的かどうかで融資できるかどうかが決まるのです。

 

お金を借りる事ができない外国人のケースとは?

一方でお金を借りれない外国人の条件というのは下記のとおりです。

  • 日本の滞在期間が短い
  • 収入が不安定
  • 在留期間の残りが短い
  • 日本語が話せず読み書きもできない

外国人の方の多くが、この4つのうちのどれかに引っ掛かる事があります。

日本語については、誰かの助けを借りればなんとかなりますが、滞在期間や収入の面はいかんともしがたい部分があります。

 

外国人がお金を借りる為に必要なもの

外国人がお金を借りる為には次のようなものが必要になります。

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留期間が十分ある
  • 安定収入
  • 日本語の読み書きができる
  • パスポート
  • 運転免許証
  • 健康保険証

お金を借りる外国人の身分証明にパスポートが必要です。

帰化している、永住権を獲得している場合は健康保険証や運転免許証等でもかまいません。

外国人でも在留資格や永住権など日本に住んでいる事が証明できる人にしかお金は貸しません。(外国人旅行者にお金は貸しません)

収入がある外国人でないと日本でお金を借りる事ができません。

日本語の読み書きができないと、借入の利用条件などの理解ができない為、お金を借りる事ができないという事もあります。

特に在留期間が短い人は、外国に帰国してからお金を返してくれるという保証が無いので、貸してくれないと考えた方がよいです。

 

日本の金融機関は外国人にお金を貸さない?

香港やシンガポールは別ですが、日本の金融機関は基本的に外国人へお金を貸しません。

日本人に比べると外国人は海外へ帰る可能性が高い為、返済が滞る可能性が高いからです。

しかし、長年、日本に住んでいて、仕事もしており、日本人と結婚などもしている人は別扱いになります。

こうなると信用力も上がるので外国人だからといって金融機関でお金を借りる事ができないということは無いのです。

同じ外国人でも、日本に住んでいる期間、収入、日本人との結婚などによってお金を借りることができるようになります。

逆に、日本への滞在期間が短く、収入が不安定で日本にずっといるか判らないという人にお金を貸すことはありません。

 

外国人でも銀行でお金を借りられる?

外国人でも借入条件である居住期間や在留期間、安定収入があれば銀行で日本人同様お金を借りる事ができます。

利息や返済期間なども日本人と同じなので問題ありません。

例えば、居住期間が長ければカーローンや住宅ローンも借りる事が可能です。

銀行からお金を借りるにはどうすれば良い?方法とローンの種類をご紹介します!

 

外国人は消費者金融でお金を借りられる?

消費者金融と銀行の違いは?!消費者金融でお金を借りる時の注意点や金利や審査まとめ

銀行同様、外国人でも安定収入がある方などは消費者金融のカードローンでお金を借りる事ができます。

カードローンやキャッシングもOKです。

利息や借入条件も日本人と同じで、即日融資も受けられます。

 

車担保融資

外国人の方で、日本で車を購入された方は、車を担保にしてお金を借りる事もできます。

ただし、銀行や消費者金融と同じく、居住期間や在留期間、安定収入や日本語の読み書きなどの条件がある人に限られています。

 

質屋

質屋は、品物さえあればお金を貸してくれます。

ブランド物や貴金属などをお持ちなら外国人でも手軽にお金を借りる事ができるでしょう。

ただし、外国人だとパスポートや運転免許証など身分証明書が必要です。

外国人による盗難などもある為、質屋ではこの点を重視しています。

きちんとした身分証明書がある方は質屋でお金を借りる事ができるでしょう。

 

政府系の金融公庫

外国人起業家が日本で起業しようと考えた場合、政府系の金融公庫でお金を借りる事ができます。

条件は日本人とほぼ同じですが、外国人だと次の3つに注意が必要です。

  • 在留資格
  • 活動範囲
  • 事業の継続性

まず、外国人の場合、在留資格を取得していることが条件になります。

経営に関与する在留資格が無ければお金も借りられません。

外国人の在留資格にある活動範囲を超えて事業をしていた場合、融資を受けられない事があります。

また、事業の継続性が見込まれる場合のみお金を借りる事ができるのです。

他にも、業歴・不動産取得状況・居住歴・税務申告などを勘案して貸すかどうか決めます。

 

プロミス

プロミスなら最短1時間で借りられる

プロミスは、ネットで申込みで審査通過後に自動契約機に行けば、平日14時過ぎでも土日祝日でも、最短でその日に借りられます。

一部無人契約機は9:00~22:00利用OK。(※一部21時もあります。)

Webからだとなんと最短1時間で借りることも!

24時間いつでも申し込みでき、最短30分で審査回答、契約内容をご確認後、最短10秒で振込みの融資が可能です。

プロミスなら、初回借入の翌日から30日間無利息のサービスも

(※メールアドレス登録とウェブ明細利用の登録が必要)

SMBCモビット

誰にもバレずに借りたいあなたにおすすめ

SMBCモビットなら、来店せずに即日融資も可能です。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座を持っていれば、WEBで申込が完結できます。

借入もネットで完結するので、家族にも周囲の人にも秘密にしておけます。

モビットカードなら1枚で、カードローン、クレジットカード、Tカードの3つの機能付き!

アコム

たった3秒で借入可能か診断

アコムの30日間金利0円サービスは、初めての方なら契約日の翌日から30日利息ゼロ円。

公式サイトで、3項目入力するだけで借入可能か診断ができるので、審査が心配な方も安心です!

楽天銀行口座なら、24時間最短1分で振込み可能。

忙しい人の強い味方です。

-借りる条件
-

Copyright© 今すぐお金を借りる大全集|すぐ借りれる17の方法+アルファ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.