借りる条件

債務整理中にお金を借りる事はできるのか?借りる時のポイントと対策まとめ

更新日:

債務整理中だと聞くと、お金を借りる事ができないと思いがちですが、どこに行っても借りられないというわけではありません。

債務整理も色々あるように、債務整理中でもお金を借りる方法もあるのです。

こちらでは、どんな方法でお金を借りる事ができるのか?ポイントや注意点をまとめてみました。

 

債務整理とは?

債務整理には主に次の4つがあります。

  1.  自己破産
  2. 任意整理
  3. 個人再生
  4. 特定調停

自己破産

裁判所から借り入れの返済義務を全額免除してもらう事です。

借入理由や総額、返済不能の理由や就業内容などを判断し、免除されると自己破産となります。

ただし自己破産すると5年~10年の間借入ができないなどのペナルティもあり、家や自動車など高額なものの所有が難しくなります。

また自己破産する際には20万円以上の高価なものは手放すことになります。

 

任意整理

弁護士に依頼し、裁判所を通さず金融機関と交渉して支払いを減額してもらうというものです。

完済を3年から5年で行います。

裁判の手続きを踏まずに行うので、借金減額まで早期に至るのがメリットです。

一方減額交渉には最初から応じない金融機関もあるため、借金が減額されるとは限っていません。

 

個人再生

自己破産と任意整理の中間的なものです。

裁判所で大幅減額してもらい原則3年以内で100万円の返済または借入の5分の1完済を行います。

不動産所有者は、それらを処分せずに借金が減額できるというメリットがあります。

 

特定調停

裁判所の仲裁で金融機関から減額や金利引き下げをしてもらい、3年から5年で完済します。

自分で裁判手続きを行うので弁護士費用がかかりません。

 

債務整理中に金融機関からお金を借りられる?

 債務整理中にお金が必要になることは多々あります。

その場合借入可能な借り先はあるのでしょうか。以下についてまとめます。

  1. 銀行
  2. 大手消費者金融
  3. 中小消費者金融
  4. 闇金

銀行

債務整理中の方は、ほぼ100%銀行でお金を借りる事ができません。

銀行の信用調査に債務整理中だと記載されますので、何軒の銀行を周ってもお金を借りられないでしょう。

 

大手消費者金融

債務整理中の方は、大手消費者金融でお金を借りる事ができません。

銀行と同じく信用に問題があると判断されます。

特に大手の消費者金融ではお金を借りられないでしょう。

 

中小消費者金融

債務整理中の方でもお金を借りられるケースがあります。

例えば、債務整理中の方でも自己破産や任意整理ではなく、特定調停ならばお金を貸してくれる中小消費者金融があります。

金利はかなり高めで、借入金額も少なめですが、お金を借りる事は可能です。

 

闇金

債務整理中の方でもお金を借りる事ができます。

闇金は、ブラックでも債務整理中の方でも関係なく貸してくれるのです。

ただし、異常なくらい金利が高く、利息を永遠に払わせようとします。

取り立てなども犯罪レベルなので利用しない方が良いでしょう。

 

返済能力があるかないか?が問われる

債務整理中の方でも消費者金融などによってはお金を借りる事ができます。

ただし、返済能力があるかないかで判断されるのです。

例えば、債務整理中で無職の方はお金を借りる事ができません。

債務整理中の方でも、収入が安定しているような人ならお金を貸す事もあるでしょう。

返済能力があれば、債務整理中であってもお金を借りる事ができる可能性は高いのです。

 

中小の消費者金融融資内容

中小の消費者金融には次のような内容で債務整理中の方にもお金を貸しています。 

A

年利: 14.959%~17.950

借入限度額:50万円 

B

年利:15.00%~19.94%

借入限度額:200万円 

C

年利:4.80%~18.00%

借入限度額:100万円 

このような消費者金融では積極的に債務整理中の方にもお金を貸しています。

一般的な金融機関の金利に比べると高いと感じる人も多いでしょう。

しかし、債務整理中というリスクを考えればしょうがない部分もあります。

 

低所得者が借りられるお金がある

例えば、多重債務の上、自己破産する人の中には同時に職を失うようなケースもあります。

工場を経営していたけど借金が膨らんで払えなくなり、自己破産するといったケースです。

このような場合だと、収入も激減し低所得になるでしょう。

このような場合だと金融機関でお金を借りる事ができませんが、生活福祉資金貸付制度でお金を借りる事ができます。

市役所でお金を借りられるの??生活福祉資金貸付制度を詳しく調べてみた

生活福祉資金貸付制度は、市町村の社会福祉協議会などで申し込め、低所得者の人など利用条件がありますが、条件さえあればお金を借りる事ができるのです。

保証人がいれば無利子ですし、消費者金融に比べて金利も安く、1.5%なので低所得で生活債務整理中ならば生活福祉資金貸付制度というのも考えてみましょう

 

中小のカードローンやキャッシングなら借入可能なところもある

日本には債務整理中でもお金を借りる事ができるカードローンやキャッシングがあります。

このようなカードローンやキャッシングは、審査が緩めで債務整理中でもお金を借りる事が可能ですが金利は高めというのが特徴です。

債務整理中は、クレジットカードも使えませんし、銀行や大手消費者金融でお金を借りる事ができません。

しかし、どうしてもお金に困ったら中小の消費者金融の一部でカードローンやキャッシングを利用すると良いでしょう。

同じ事を繰り返さないよう、借りすぎには注意してください。

 

債務整理中はお金を借りない方が良い

できれば債務整理中にお金を借りない方が良いです。

例えば、自己破産に向けて免責申請中に新たに借金をしてしまうと、免責が降りなくなります。

任意整理中などに新たに借入していまうと、さらに借金が積み重なり、せっかく借金を減額してもらったにもかかわらず再度返済不能になることもあります。

債務整理後なら問題ないケースもありますが、なるべくなら債務整理中はお金を借りない方が良いでしょう。

-借りる条件
-

Copyright© 今すぐお金を借りる大全集|すぐ借りれる17の方法+アルファ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.