借りる方法

消費者金融と銀行の違いは?!消費者金融でお金を借りる時の注意点や金利や審査まとめ

更新日:

消費者金融というと、近年はイメージが少しずつ良くなっているように思われます。

カードローンで手軽にお金が借りられるので、利用している人もいらっしゃいます。

どのような業者なのか良く知らないという人もいるでしょう。

こちらでは、消費者金融と銀行の違いや金利、審査、取り立てなどをご紹介します。

 

消費者金融ってどんな金融業者?闇金ではないの?

消費者金融は、カードを発行して小口の融資を一般向けに行っている金融業者です。

サラリーマン金融や団地金融と呼ばれることもあります。

個人から勤務先や年収、住所や連絡先などの個人情報を得て審査し、無担保でお金を融資する貸金業を行っています。

中には消費者金融と闇金を混同している人がいますが、消費者金融は銀行同様きちんとした金融業者で登録もしていますし、法律で定めた金利以上に利息を取ることもありません。

ただし、銀行に比べると金利が高いので、手軽に借りられるからとお金を借りすぎると、利息を払うだけでも大変になってしまいます。

 

消費者金融はヤミ金のような取り立てをしない

消費者金融は、昔、サラ金と呼ばれる悪質業者が多く、強引な取り立てなどをしてかなり悪いイメージがありました。

しかし、現在は、様々な取り立てが法律で禁止された為、事務的な取り立てを行うのが一般的です。

消費者金融の取り立ては、闇金のようにいきなり夜中に家に来たり、嫌がらせをされたりしません。

まず、返済期限に返済が無い場合、貸金業法に基づく取り立てを行います。

方法は、まず郵送で返済が遅れていますという通知が来ます。

何日までに返済が無い場合、電話連絡をしますというようなメッセージが記載されていることもあります。

それでも返済が無い、連絡もしてこない場合、督促の電話がかかって来るでしょう。

その時、いつまでに返済しますと言って返済すれば、それ以上電話連絡もありません。

それでも返さない場合、更に督促状が届きますが、そこには借金の全額返済や給与差し押さえ案内が記載されています。

それを無視すると、裁判所から訴状が届き、債権回収会社に回されることがあります。

 

中小の消費者金融の中には闇金のような取り立てを行う所も!?

消費者金融は、闇金のように取り立てをすることは無く、最後まで法律に準じた行動をするので、その点は心配いりません。

ただし、中小の消費者金融の中には違法に近い形の取り立てを行う所もあるようです。

もし、貸金業法に触れそうな違法な取り立てを行う消費者金融があれば、警察や弁護士に相談するようにしましょう。

闇金の取り立てがどのようなものか、消費者金融との違いが知りたい方は、こちらの記事をご参考ください。

闇金から借りることで起こる可能性のある厳しい取り立て方法や手口を徹底解説!

 

闇金のような法外な利息もない

取り立て以外にも消費者金融と闇金の違いはあります。

消費者金融は、闇金のように違法で法外な金利を請求することもありません。

消費者金融は、きちんと法律を遵守する事を約束している金融業者なので、違法な金利を取ると一発で業務停止となります。

銀行に比べれば金利が高いと感じるかもしれませんが、法律の最高金利である20%を超える金利は取らないので、その点は安心してお金を借りることができるでしょう。

 

消費者金融を利用する人は意外と多い

近年、消費者金融は利用者が増えつつあります。

消費者金融なら銀行と違い、わざわざ店舗まで出向く必要もありませんし、スマホで簡単にお金を借りることができるので、若者などを中心に利用する人が多くなってきているのです。

手軽に素早くお金を借りるなら、銀行のカードローンより消費者金融の方が良いという人もいらっしゃいます。

もう一つ、消費者金融の利用者が増えている理由の一つが消費者金融のサービスです。

大手消費者金融だと、初めての人なら30日間無利子などのサービスを行っています。

急な出費でお金がない時、消費者金融を使ったことが無いならこのようなサービスを利用するのも一つの方法です。

 

大手と中小の消費者金融はどう違う?

消費者金融と言っても、実は大きく分けると2つのグループに分かれます。

一つは、知名度が高い大手消費者金融、もう一つが地域に根差した中小の消費者金融です。

大手消費者金融は、幅広い年齢層からお金を借りてもらう事、特に初めての人に利用してもらいたいと考えている企業が多くなっています。

金利は、大手だと3%~18%ですが、最低金利で借りられるような人は年収が多いのでそもそも消費者金融を利用しません。

中小消費者金融だと、金利が安いところで5%~18%、高い場合だと15%~20%程になります。

金利20%だと、100万円を1年間借りると利息が20万円という計算になるので、高い事がわかりますよね。

他にも、大手と中小の消費者金融では、お金を借りられる極度限度額が違います。

大手だと極度限度額が800万円まで、中小だと少ない所で50万円まで、多いところでも500万円までです。

このような違いが大手と中小の消費者金融では違ってきます。

 

消費者金融と銀行の違いは?

銀行の方が金利も安く安心感が強いと言われていますが、消費者金融の方を選ぶ人も多くいます。

どうして消費者金融を選ぶかというと銀行に比べて様々な面でメリットがあるからです。

例えば、消費者金融は、審査もお金が振り込まれるまでの時間が早い事が挙げられるでしょう。

銀行の場合、平日の午前9時から午後3時までの間に出向き、相談や手続きを行わなければなりません。

その時間帯は働いている人がほとんどで、なかなか仕事中に抜け出して銀行に出かける事ができません。

昼休みは銀行も混んでいるので、ゆっくり手続きする暇も無いでしょう。

消費者金融の場合、スマホで簡単に申し込め審査もできますし、カードを作る機械も24時間365日営業しています。

つまり、いつでもどこでも申し込め審査してもらえるというわけです。

更に、消費者金融は最短30分で審査が修了し、早ければ数時間以内に指定口座にお金が振り込まれます。

このスピードが消費者金融と銀行の大きな違いと言えるでしょう。

他にも、消費者金融は銀行のように目的を限定してお金を貸すようなことが無いので自由に使う事ができます。

 

消費者金融と銀行の金利比較

こちらでは、消費者金融と銀行の金利を比較してみました。

次の金利は銀行のカードローンの金利です。

住信SBIネット銀行 0.99%~14.79% 
足利銀行 5.8%~14.8%
千葉銀行 3.8%~5.5%

 最低金利がかなり安くなっています。

千葉銀行などは、最高金利も5.5%なのでお得に使う事ができて人気が高いです。

 

次の金利は消費者金融の金利です。

プロミス 4.5%~17.8%
アイフル 3.0%~18.0%
ダイレクトワン 4.9%~20.0%

プロミスやアイフルなどは、コマーシャルで名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

ダイレクトワンは、どちらかというと中小の消費者金融ですが、その中でも金利が安いです。

 

消費者金融の金利は高い?30万円借りると金利はいくら?

消費者金融でお金を借りる際、一番気になるのは金利では無いでしょうか?

消費者金融の金利を比較してみると、低くて3%、高い場合20%の金利になります。

この金利は、1年間の金利ですので、早く返せばそれだけ金利が安くなるという仕組みです。

 

例えば、30万円を消費者金融から借りたとしましょう。

この場合、金利は年収に応じて変動しますが、だいたい最高金利と考えて良いです。

消費者金融の最高金利は12%~20%で、大手だと18%前後になります。

金利が12%で30万円を1年間借りた場合、金利が19,850円です。

これが20%だと利息だけで33,480円なので、差額が13,620円にもなります。

つまり、金利が高ければ利息も必然的に高くなるという事です。

 

消費者金融でお金を借りるなら、できるだけ金利が安い所を探して借りた方がお得でしょう。

 

消費者金融で延滞するとどうなる?

消費者金融でお金を借りようかどうか迷っている人は、延滞してしまった場合にどうなるのか知っておいた方が良いです。

まず、支払期日にお金を返せない場合、遅延損害金がかかるという事を知っておきましょう。

遅延損害金の金利は延滞した日数分にかかる仕組みで、最高金利と同じ20%の金利が加算されるのです。

支払いを忘れていた人なら、慌ててこの段階で払う事が多いでしょう。

遅延損害金が付いてもまだ返済できない場合、消費者金融から電話がかかってきたり、家に督促状が郵送されたりします。

家族に内緒で消費者金融からお金を借りている場合だと、督促状が届いてバレる事もあるでしょう。

 

また、延滞期間が長期間(2ヶ月から3ヶ月)になると分割ではなく一括返済を求められます。

このような電話連絡や督促状、一括返済に応じない場合、裁判所に訴えられ、財産や給料の差し押さえが行われるでしょう。

 

さらに個人信用情報機関に延滞情報として記録されるので、いわゆるブラックリストに名前が載り、銀行や消費者金融などの金融機関からお金が借りられないだけではなく、クレジットカードも作れなくなります。

消費者金融に限らず、借金の返済は延滞してしまうと大変な事になりますので、延滞と気が付いた時点ですぐに対処するようにしましょう。

 

まとめ:消費者金融の金利メリット・デメリット

消費者金融のメリットは、担保もいりませんし、保証人なしで即日お金を借りる事ができるという所でしょう。

スマホでも借りられて、最短30分程度で審査が終わるため、すぐにお金が必要な人には便利な金融業者です。

 

ただし、デメリットもあります。

簡単にお金を借りられる分、消費者金融は金利が高いという事をきちんと理解しておく必要があるでしょう。

また、消費者金融と一言で言っても、大手から中小の消費者金融まで色々あるのです。

金利が違うだけではなく、サービス内容や対応も違います。

闇金のように悪質な消費者金融はありませんが、評判の悪い消費者金融もあるので、特に初めて利用する人は、口コミや評判などをチェックしてから利用するようにしてください。

消費者金融でお金を借りる場合は、それぞれの会社のメリット・デメリットを比較してからが良いです。

プロミス

プロミスなら最短1時間で借りられる

プロミスは、ネットで申込みで審査通過後に自動契約機に行けば、平日14時過ぎでも土日祝日でも、最短でその日に借りられます。

一部無人契約機は9:00~22:00利用OK。(※一部21時もあります。)

Webからだとなんと最短1時間で借りることも!

24時間いつでも申し込みでき、最短30分で審査回答、契約内容をご確認後、最短10秒で振込みの融資が可能です。

プロミスなら、初回借入の翌日から30日間無利息のサービスも

※メールアドレス登録とウェブ明細利用の登録が必要

SMBCモビット

誰にもバレずに借りたいあなたにおすすめ

SMBCモビットなら、来店せずに即日融資も可能です。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座を持っていれば、WEBで申込が完結できます。

借入もネットで完結するので、家族にも周囲の人にも秘密にしておけます。

モビットカードなら1枚で、カードローン、クレジットカード、Tカードの3つの機能付き!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

アコム

たった3秒で借入可能か診断

アコムの30日間金利0円サービスは、初めての方なら契約日の翌日から30日利息ゼロ円。

公式サイトで、3項目入力するだけで借入可能か診断ができるので、審査が心配な方も安心です!

楽天銀行口座なら、24時間最短1分で振込み可能。

忙しい人の強い味方です。

-借りる方法
-

Copyright© 今すぐお金を借りる大全集|すぐ借りれる17の方法+アルファ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.