コラム

あなたの財布は金運を下げている?金運アップする財布の特徴まとめ

更新日:

金運が上がるお財布の色や素材などは昔からしばしば囁かれている話です。

どの色のどんな素材を使えば良いのか、金運がアップするにはどのようなお財布の中身であれば良いのか、まずはそこから知る事で自分の財布と対比させられます。

 

金運が上がる財布の特徴

赤い財布は赤字になると言われています。

では何色であればお金の運気を上げられるのでそうか。

財布ごとに色は異なるため、ぴったりの品を見つけましょう。

 

金運アップの色

金色

金色と言えばもっともお金持ちに近い豪華な色と考えられる事が多いです。

そのため金色の財布を持つとお金の回り方が良くなると言われていますが、お金が回ると言う事は入って来るだけと言う事ではありません

入ってくるお金が増えると同時に出て行くお金も同じように増えてしまうため、かえってお金持ちから遠ざかってしまう恐れも考えられます。

 

黄色

黄色も金色と同様に金回りが良くなる色であるとされています。

出て行くお金が多くなりあらゆるものに散在してしまう場合もあると言われているため、金運アップに確実に繋げるのであれば避けた方が良いかもしれません。

 

ピンク

ピンクは自分でお金を貯める力を身につけると言うよりも、どちらかと言えば他力本願型の金運アップを目指せる色です。

ピンク色は主に女性から人気の高い色でしょう。

実際にお金にまつわるピンクの効果は玉の輿に乗れるなど、恋愛運と金運を合わせたような作用となります。

自分で稼ぐ力が身につくと言う訳ではなくお金を持っている男性に恵まれる可能性が高まるため、婚活中の女性などにはお勧めできる色でしょう。

 

茶色

茶色と言えば土と同じ色です。

金を産み育てる場所である事から、お金を育てると言われる事が多いです。

茶色の財布は男性用でも女性用でも多く出回っているカラーであり、金運上昇の見込みも高いためお金持ちになりたい人には最適です。

 

 

金運アップの素材

牛革

牛と言えば食物としても活力の源ですが、財布の素材としても豊かな生活を表わしてお金を育てると言われています。

そのため財布の素材としてぴったりだと言えるでしょう。

 

豚革

お金の循環を良くするのが豚革の財布です。

利益に繋がる資本的出資があり、それに基づく金銭が入ります。

価値のある出費ならば問題ありませんが、単なる消費癖にしてしまわないように注意は必要です。

 

羊皮

ビジネスマンにおすすめなのが羊皮です。

人との交流や人脈の拡大などに役立つ運気を上昇させてくれると言われ、仕事に成功する事によってお金をたくさん持てるようになる効果があります

 

金運アップのための財布の中身

お財布の中身はもしかしたら運気を下げているかもしれません。

財布の中身を確認しながら、金運の悪さを正してみましょう。

 

財布の中身をパンパンにしない

普段の買い物で現金払いが定着している人であっても、細かい金額を出すのが面倒でついついお札ばかりを毎回出してしまうことがあります。

こうなると支払いのために細かい小銭が増えていく事となり、気付いた時にはお財布の中身はパンパンに膨らんでしまっています。

これが常態化している人の場合、常にお財布が元の形状を保てていないような現状があるでしょう。

金運を上げたいのであればお財布の中身はいつでも整理整頓しておかねばなりません

これは意識的な話ばかりではなく、お金がどれだけ財布の中に入っているのかを一目で分かるようにさせる効果があります。

 

お札の向きをそろえる

財布の中のお札がどれだけ入っているかすぐには分からない人は、お札の向きがいつもバラバラで不揃いになっている事が多いです。

お札は1万円と5千円と千円札の三種類がありますが、これらもまとまって入っていないため総額がいくらになるかすぐには計算できないのです。

お札の向きや種類を揃えて財布の中にしまっておくと、千円札を払いたい時や5千円札を払いたい時などでスムーズにお札を出せます。

これができずにゴチャゴチャした状態になっている場合、支払う時に出す紙幣も適当になってしまうでしょう。

揃えてしまうだけで残金の把握もしやすくなるので、無駄な出費を抑える事に繋がります

 

レシートを入れっぱなしにしない

お札に紛れてレシートが大量に挟まっていたり、小銭入れを開くと丸めたレシートが入っていたり、お金持ちになれない人の財布の中には大抵の場合でレシートが放置されています。

これも残金の把握を妨げるのと同様に、見栄えの悪さからお金に対する扱いを雑にしても良いといった感情が芽生えやすくなってしまいます。

レシートは一回の買い物ごとにきちんとまとめ、出勤の管理を正確にできるようにしておくと良いでしょう。

 

開運グッズを詰め込まない

神社でもらってきた金運アップのお守りやグッズなど、財布に入るサイズのアイテムはいくつもあります。

こう言った金運アイテムをむやみやたらにお財布の中に入れておいても意味はなく、ただ単にお財布の中身が散らかるだけで出金の把握を困難とさせてしまいます。

金運アップを望みたい気持ちも分かりますが、お財布の中身はできる限りシンプルにさせておくのがお金持ちになるコツです。

 

本当に金運は上がるのか

色や素材に気を使えば金運は本当にあげられるのでしょうか。

考え方を見直すと最適な金回りの良さを手に入れられるかもしれません。

 

金運アップに踊らされる

お財布の色や素材を吟味すればお金持ちになれると信じている人は、占いや風水についても鵜呑みにしてしまうことが多い人でしょう。

運に頼る事が悪いと言う訳ではなく、信じるか信じないかはその人個人の考えに委ねられるべきものです。

しかし茶色の財布が良いと聞いたから茶色に買い替え、牛革が良いと聞けば牛革に買い替え、耳にした情報にのみ頼りきって自分の行動を決めてしまうのも良くありません

かえって出費が増える事となるため、お金持ちから遠ざかってしまうでしょう。

金運アップの特徴はあくまで目安です。

使っている財布を買い替えるタイミングがある場合に、次はこの財布にしようと言った指標に留めておきましょう。

 

合理的な判断が大切

お金をしまう財布だからこそこだわりを持ちたい気持ちは分かります。

しかし形にばかりこだわっていてもお金は増えません。

大切なのは合理的に財布の使い方を判断し、出金状況が一目でわかるような中身のあり方にさせておく事です。

それと併せて楽しみ程度に金運アップの効果促進行動をすれば、無駄なく運に頼る事ができるでしょう。

 

まとめ

金運が最も上がる財布の色は茶色であり、素材でも金運アップを図りたいなら牛の革がお勧めです。

しかし金運が上がるからと言って使える財布を買い換えてしまっていては浪費となるため、賢明な判断をする事が求められるでしょう。

形にこだわるよりも財布の中身に気を遣い、常に整理整頓した状態でお金の流れを把握するようにする事が大切です。

 

-コラム
-,

Copyright© 貧乏脱出大全集 , 2019 All Rights Reserved.