コラム

無理せず食費を抑える節約術は?無駄をなくして貯金するには

投稿日:

娯楽費を削ったり、無駄な使い方を直して光熱費を浮かせたりするのは良くある節約術の一つです。

節約する時には削れる費用と削れない費用とがあり、食費に関してはなかなか減らすのが難しい場合もあるでしょう。

おやつなどのなくても良いものであれば我慢する事も可能ですが、普段の食事となると簡単には減らせません。

しかし工夫の仕方によってはひと月分の食費をぐっと低く抑える事ができます

食費の節約術のコツを学び、お金を貯められる家計を実現させられるでしょう。

 

食費節約術の基本

食事をしない訳にはいきませんが、食費を削れない事はありません。

自分で無駄に気付けばいくらでも上手な節約ができます。 

外食をしない

食費を節約するためにまず基本となるのが自炊です。

仕事をしている人は特に、ついつい外食ばかりしてしまいがちな毎日を送っているかもしれません。

外食費が出費の割合を多く占めているのであれば、大幅な節約が可能となります。

夕食を飲食店で済ませようとした場合、どれだけ安い店でも一回に千円程度は見なければなりません。

これが仮に毎日となれば三万円の出費となります。

外食をやめて自宅で毎日調理を行えば、食費の節約は簡単に行う事ができるはずです。

 

昼食はお弁当を作る

外食は夕食だけではなく昼食も同様である人は少なくありません。

営業職のように外回りの仕事が多い人であれば、自ずとどこかの店に入ってお昼ご飯を取る事になる場合もあるでしょう。

あるいはコンビニでお弁当を毎日買っている人もいます。

自炊に比べて外食の方が費用が大きくなるのは言うまでもありませんが、コンビニなどを利用するにしても自炊と比較すれば当然高くつきます。

そこで昼食は自分で手作り弁当を持参し、それを毎日続けるのも節約術の基本となります。

お昼になるたびにコンビニへ立ち寄っているとついつい余計なものまで買ってしまうことがありますが、はじめからお茶とお弁当を持参していれば無駄な買い物をしてしまうリスクも減らせます。

 

食料の買い物のコツ

食料の買い出しは誰もが頻繁に行う行為です。

しかし誤った買い物の仕方を続けていると大きな無駄になってしまいます。

 

廃棄を出さない

節約術を試そうと思ってまとめ買いをしてみたはいいものの、結局食材を使い切れずに腐らせてしまったと言うパターンは良くあります。

食費の節約をする上で食材の廃棄率が高まってしまうのは無駄でしかありません。

このような事が続けば出費を抑える事はできず、途中で節約を断念してしまうケースもあります。

自炊に慣れてくると一度に食べきれる分量と言うものを把握できるようになってきます。

食材が何日程度持つかも分かるようになってくるため、この分量を購入すると事前に決めてから買い物に行く習慣を付けましょう。

廃棄を失くして食材を使い切るくせが付けば自然と節約にも繋がります。

 

まとめ買いと買い溜めは違う

買い溜めをする人は安売りに弱い

節約のために安い時に買い溜めをしておこうと考える人は多いです。

ですがいざまとめ買いをしてみたところで、余らせてしまったり使わなかったりしては意味がありません。

「何パーセント値引き」や「セール中」などといった煽り文句は誰でも心を動かされてしまうものです。

安いうちに買った方がお得だと言う感情が勝り、要るか要らないかを考えることなく買い物かごに入れてしまいます。

徹底した節約術を実現させている人は、安売りと言う言葉に惑わされる事がありません。

缶詰を大量に購入してから購入したこと自体を忘れ、数年間が経過して賞味期限が切れてしまうと言う事がないのです。

 

必要な分だけまとめて買う

安さに惑わされて買い溜めしてしまうと失敗するパターンが多いですが、まとめ買い自体は食費の節約術として有効になります。

腐らせずに使い切る分を一度にまとめて購入しておけば、週に何度もスーパーへ行く必要もなくなります。

スーパーに行く度につい余計なものまで買ってしまいがちなのであれば、まとめ買いをする事によって買い物の機会を減らすのも節約の一歩となるでしょう。

 

まとめ買いをするべき食材

毎日食べるものやすぐになくなる食材であれば、ある程度まとめて買っておくのが良いでしょう。

冷凍しやすい食材であれば日数を持たせる事も可能となるため、一週間分くらいの量をまとめてストックしておくこともできます。

日持ちする加工食品もまとめ買いにはお勧めです。

ただしあまり調理に使用しない場合には廃棄する事となってしまうケースもあるので用途に合わせて買うようにしましょう。

 

ストックするなら在庫表を作る

缶詰や調味料など、普段使っている分とはもう一つ別にストックしておく家庭もあります。

このようにストックしておく食品がある場合、在庫表を作って管理しておくと節約しやすくなります。

もうないと思って買った調味料が実は家にまだまだあったというケースは誰でも経験したことがあるはずです。

同じ物をいくつも購入してきてはその月の無駄な出費となってしまい、古くなって捨てる事となる恐れもあります。

そのため在庫表を作り一元管理しておけば、買い物に行く前に少々確認するだけで食材の減り具合が分かります。

 

旬の食材を選ぶ

スーパーに行くと様々な食材が並んでいますが、節約をするなら旬の食材を選ぶ事がお勧めです。

その時期に適した魚や野菜や果物などは価格が低くなる場合が多く、ハウス栽培などの高い食材を選ぶよりも賢く買い物ができます。

 

まとめ

節約をするにあたって無理な食費の削り方をする必要はありません。

まずは外食やコンビニ弁当などの活用をやめ、自炊する事から始めるのが食費節約術の基本です。

適した食材を適切な量の範囲でまとめ買いをすれば数十円から数百円のお得となります。

旬の食材を選ぶ事も節約上手な買い物の仕方だと言えるため、できるところから実践していくと良いでしょう。

 

-コラム
-,

Copyright© 貧乏脱出大全集 , 2019 All Rights Reserved.