急な出費でお金が必要になった時、今すぐお金を借りるにはどうすればいいのでしょうか?

思いつくものはいくつかあるでしょうが、借り入れにはデメリットの方が大きいものもあります。

この記事では、即借りられる金融業者や意外に知られていない金融機関以外から無審査で借りる方法など、今すぐ借りたい人向けのお金を借りる17の方法を紹介いたします。

 

とにかく至急でお金を借りたい方向けの方法

金利や条件、返済方法などはともかく一刻も早くお金を工面したいという方向けの借り入れ方法は次の7つです。

1.消費者金融で借りる

今すぐお金を借りたいというニーズを最も満たしてくれるのが消費者金融です。

多くの会社で来店不要、24時間申し込み可能、スマホから申し込みOkというサービスを実施しています。

また大手消費者金融はほぼすべて即日融資にも対応しており、最短で30分程度で審査完了というスピード審査を実現しています。

またカードレスや電話連絡なしなど、借り入れを周囲の人に知られないための配慮も十分になされています。

メリットは多いのですが、金利は18%程度と比較的高いものになっているため、ご自身の収入に合わせた必要最小限度を利用するのが賢いといえます。

どこで借りればいいか迷っている方は、以下の3社を参考にしてくださいね。

プロミス

プロミスなら最短1時間で借りられる

プロミスは、ネットで申込みで審査通過後に自動契約機に行けば、平日14時過ぎでも土日祝日でも、最短でその日に借りられます。

一部無人契約機は9:00~22:00利用OK。(※一部21時もあります。)

Webからだとなんと最短1時間で借りることも!

24時間いつでも申し込みでき、最短30分で審査回答、契約内容をご確認後、最短10秒で振込みの融資が可能です。

プロミスなら、初回借入の翌日から30日間無利息のサービスも

(※メールアドレス登録とウェブ明細利用の登録が必要)

SMBCモビット

誰にもバレずに借りたいあなたにおすすめ

SMBCモビットなら、来店せずに即日融資も可能です。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座を持っていれば、WEBで申込が完結できます。

借入もネットで完結するので、家族にも周囲の人にも秘密にしておけます。

モビットカードなら1枚で、カードローン、クレジットカード、Tカードの3つの機能付き!

アコム

たった3秒で借入可能か診断

アコムの30日間金利0円サービスは、初めての方なら契約日の翌日から30日利息ゼロ円。

公式サイトで、3項目入力するだけで借入可能か診断ができるので、審査が心配な方も安心です!

楽天銀行口座なら、24時間最短1分で振込み可能。

忙しい人の強い味方です。

消費者金融と銀行の違いは?!消費者金融でお金を借りる時の注意点や金利や審査まとめ

 

2.銀行でお金を借りる

安全、確実にお金を借りようと思ったら、多くの方が銀行を思い浮かべるのではないでしょうか?

最近では大手都市銀行の他に、地方銀行、信用金庫、ネットバンクなども個人向け融資に力を入れています。

かつては住宅ローンやカーローンなど借入目的が明確な人への貸出が主流でしたが、無担保、保証人不要の銀行カードローンも人気です。

金利も消費者金融で借りるのに比べ低金利で、親しみやすい内容となっています。

ただし銀行口座を持っていないと借入までに時間がかかったり、最近は即日融資に対応していない銀行も増えてきたので、今すぐ借りたいという方は銀行選びも慎重にする必要があります

銀行からお金を借りるにはどうすれば良い?方法とローンの種類をご紹介します!

3.クレジットカードでお金を借りる

今すぐお金を借りる方法のひとつにクレジットカードで借りる方法があります。

クレジットカード、お買い物時に利用することが多いですが、実はキャッシング機能で借り入れすることができます。

クレジットカードの場合は、カードを申し込む際すでに審査が完了しているため、お金を借りる時には審査はありません。

そのため手持ちのクレカを利用すれば、コンビニや銀行のATMでその日のうちにお金を引き出すことも可能です。

クレジットカードのキャッシングはこのようにとても手軽でスピーディーですが、利用枠が小さいのが欠点です。

元々利用枠が決まっており、ショッピング枠と合わせた限度額が決められています。

従ってショッピング利用が多いと、その分借りれるお金の金額も少なくなります。

また手持ちのクレカがない場合は今すぐ借りるというわけにはいかないので注意が必要です。

クレジットカードを持っていないと、発行までに数日~数週間かかってしまいます。

クレジットカードでお金を借りる時の注意点や気になる返済方法教えます!

4.家族や友達などの身内からお金を借りる

最も手軽にお金を借りる方法は自分の身近な人から借りることです。

お金を誰かから借りようと思った時、まず家族や友人、知人を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

金融機関ではないので借入時に審査もありませんし、身内なのでお願いすれば返済を待ってもらうこともできるでしょう。

そういった厳格なルールの中でのお金の貸し借りではないゆえに、ルーズになりがちで人間関係を壊すきっかけになりかねません。

返済期間を決めて、簡単な借用書を交わすなど最小限のルールの中でお金を借りるようにしましょう。

家族や知人からお金を借りるた時に注意すべきこと!メリット・デメリットまとめ

 

5.警察でお金を借りる

困った時は警察に行くと良いと言いますが、お金を落としたりスラれたりした場合、近くにある駐在所や警察署で家に帰るまでの交通費などを借りる事ができます。

公衆接遇弁償費(こうしゅうせつぐうべんしょうひ)と言って、警察だけではなく色々な公共機関で受ける事ができるのです。

ただし家に帰るまでの最短距離の交通費など、その時の必要最小限の費用しか借りれえません。

従って生活費などは借りることができません。

警察でお金を借りる方法といえば?公衆接遇弁償費制度を有効に活用しよう!

6.勤務先からお金を借りる

仕事をされている方の中には勤務先から給料や退職金の前借を検討されている方もいるでしょう。

大企業にお勤めなら労働組合から借りるという方法もあります。

緊急的なお金で少額なら問題ありませんが、大金だったり簡単に返せなかったりするお金なら会社での信頼度に影響します。

お金を借りれるかどうかは、日頃のあなたと会社との関係性にも関わってきます。

住宅購入など明確な借入以外は安易に利用しないようにしましょう。

勤務先からお金を借りることができるって本当なの?困った時の為に知っておこう

7.質屋でお金を借りる

質屋は自分の所持品を預けて、それに見合うお金を借りるというシステムです。

期限内にお金を返せば、質草として質に入れた持ち物は戻ります。

店舗に行けば即日で貸してくれるのがメリットです。

貸出のための審査もなくメリットが多いように見えますが、消費者金融などのカードローンに比べて金利が数倍高く、返済期間が3ヶ月で短いというデメリットがあります。

買い取り目的のために利用する価値はありますが、借入目的のための質屋利用はあまり得策ではありません。

質屋でお金を借りる仕組みを大解説!利息や買取りサービスまとめ

 

条件よく低金利で借りたい人向け、お金を借りる方法

少し時間をかけてもいい、またはお金を借りるために担保として差し出す資産があるという方は、より有利な条件で借り入れできることがあります。

ここでは担保や資産がある方向けの借り入れ方法を紹介します。

8.生命保険でお金を借りる

生命保険会社によっては、支払い状況などに応じて契約者に貸付制度を行っている場合があります。

これを契約者貸付制度といいます。

契約者貸付制度が利用できるのは終身保険、養老保険などの解約返戻金があるものに限られますが、保険を解約することなく低金利で借りられるというメリットがあります。

生命保険で貸し付けられる金額は、保険金額やすでに支払った保険料に比例して上限があるため、いくらまで借りられるのか確認しましょう。

また、申し込みには手数料がかかる場合と無料の場合がありますので事前に調べておくといいですよ。

保険会社によっては、ホームページから申請ができるものもあるので、生命保険に加入している方は、自分の保険がお金を借りられるタイプのものか、まずはチェックしてみてください。

生命保険でお金を借りることはできるの?生命保険の契約者貸付制度のメリットとデメリットまとめ

9.市役所でお金を借りる

市役所がお金を貸してくれるわけではありませんが、全国の市町村にある社会福祉協議会が主体となった生活福祉貸付金制度を利用することができます

これは、低所得者世帯や障碍者世帯、高齢者世帯などの貸し付け対象者に低利息でお金を貸すというものです。

金融機関からはお金が借りれない無職の人でも借りれるという利点がありますが、困窮時の生活資金、怪我や病気などの療養費、子供の就学のための教育資金などに使用目的が限定されているのが特徴です。

融資実行までに数日から数週間要するというデメリットもあります。

市役所でお金を借りられるの??生活福祉資金貸付制度を詳しく調べてみた

10.郵便局でお金を借りる

※追記※ 2018年10月末をもって、カードローン「したく」は、申し込みの受付を終了しています。

郵便局(ゆうちょ銀行)にもカードローンがありますが、それ以外にもお金を借りる方法はいくつかあります。

郵便局でカードローンを利用することはできませんが、郵便局のクレジットカードに「JPバンクカード」というものがあります。

ただし、キャッシングの利用枠は小額にしか借り入れができません。

郵便局で高額の融資を受けたい場合は、担保を利用しましょう。

「貯金担保自動貸付け」「財産形成貯金担保貸付け」「国債等担保自動貸付け」などがあります。

例えば、貯金や積立、債権を購入している人であれば、それらを担保に有利にお金を借りることが可能です。

住宅ローン、教育ローン、リフォームローンなども利用可能です。

逆にいえば普段郵便局を利用する機会が少なく、上記のような資産を持っていないという人はカードローンを利用するしかありません。

ゆうちょ銀行のカードローンは低金利で借入限度額も大きいのが特徴ですが、利用までに時間がかかるため、今すぐ即日で借りたいという方は、消費者金融などのローンを利用検討しましょう。

郵便局でお金を借りる方法にはどんなものがある?知っておくべき種類とメリット・デメリット

11.年金を担保にお金を借りる

年金受給者であれば福祉医療機構の年金担保貸付や、日本政策金融公庫の恩給・災害補償年金担保貸付を利用することができます。

民間の金融機関にすでに借入がある場合でも利用が可能で、金利も1%~と非常に低金利です。

しかし申込みから審査までに3~4週間程度かかってしまうこともあり、至急お金が必要という場合はあまり役に立ちません。

銀行や消費者金融のカードローンなど60歳以上でも借りれる金融機関もあるので、今すぐ借り入れしたいという場合はそちらを利用するようにしましょう。

年金を担保にお金を借りる方法を教えます!限度額や返済方法まとめ

12. 不動産を担保にお金を借りる

不動産を担保に融資を受けるメリットは、借入可能な金額が大きいことです。

銀行など金融機関にもよりますが、最高で1億円程度借りることができます。

借入額が大きいぶん金利も2%程度から借りれるところもあります。

借り換えやおまとめなどにも使えて便利な反面、担保として差し出す不動産が必要なため誰もが利用できるものではありません。

不動産査定にも時間がかかるため、今すぐ借りたいという方には不向きです。

不動産を担保にお金を借りる方法があるって本当?借入条件と審査ポイントを伝授します!

13.株を担保にお金を借りる

所有している株式を担保に、証券会社などでお金を借りることができます。

株式など有価証券は所有しているが、売却したくないという場合に使えます。

消費者金融などのカードローンに比べて低金利で、返済日・返済額が決まっておらず自由度が高いのがメリットです。

その反面株価は常に変動するため、担保評価額が融資額を下回った場合、担保は売却されることになります。

返済期間もカードローンよりも短く、手続きにも時間がかかるため、急ぎでお金を借りたいという人には向いていません。

証券担保融資をご存知ですか?株式を担保にしてお金を借りる時の注意点

14. 日本政策金融公庫からお金を借りる

国民生活金融公庫(国金)という名前で馴染みのある方も多いでしょう。

現在は、国民生活金融公庫ではなく財務省所管の日本政策金融公庫になっています。

事業向けの融資全般を行っています。

一般的な事業貸付や、新規事業融資、経営環境の悪化に対するサポート融資など幅広く扱っています。

民間金融機関に比べると必要書類などが多く必要ですが、融資まで早ければ4,5日程度で実行されるため比較的スピーディーに借りることができます。

事業者のための借入先なので、個人がお金を借り入れすることはできませんが、自営業などで商売を行っている人は借入先のひとつとして検討しても良いでしょう。

国民生活金融公庫でお金を借りる方法教えます!気になる借入条件や金利を解説

 

ブラックでも利用してはいけないグレーな方法

お金を借りる方法としては一般的に知られてはいるけど、リスクが高い、もしくは法律に触れるという方法もいくつかあります。

場合によってはお金を借りたことによって、身の危険にさらされることもあるので、以下に紹介する方法は利用するべきではありません。

どこからも借り入れが困難な方や、ブラックリストに載っている方は、藁にも縋る思いで借入先を探しているかもしれませんが、今から紹介する借り入れ方法には十分気をつけてください。

15.個人間融資は安全ではない

近年、インターネットの個人間融資が話題になっていますが、どんなものかご存知ですか?

家族や友達などの身内からではなく、ネット上の知らない誰かからお金を借り入れすることです。

専用サイトなどもあり、一見、消費者金融より簡単にお金を借りられそうな感じがします。

しかしその多くは安全性に問題があると指摘されています。

個人でお金を貸し借りすること自体は違法ではありませんが、お金を貸す見返りに肉体関係や金品などを要求する詐欺まがいのサイトも多いのが実態です。

ヤミ金業者が一個人になりすまして、融資を持ちかけるというケースも少なくないため、利用は控えるべきです。

個人間融資の安全性は?利息やだましの手口を徹底解説してみました!

16.闇金から借りてはいけない

闇金は、言うまでもなく違法業者です。

お金を借りてはいけません。

正規の金融機関のような審査はなく、連絡先の提示だけで借りられることも多いため、金融機関で上限いっぱいまで借りている人が利用することが多いですが、法外な金利を要求されるため多くの人が返済不能に陥ります。

また返済が滞ると取り立てや嫌がらせをされることがあります。

暴力まがいに恫喝を受けるケースもあるため、精神的も追い込まれる人があとをたちません。

完済した場合でもしつこく付きまとわれることも多いため、お金の貸し借り以前に、闇金業者との付き合いを避けなければいけません。

ちなみに昨今増加しているソフト闇金についても、語り口や態度がマイルドであるだけで、金利の高さなど違法性に違いはないので、借りてはいけません。

闇金から借りることで起こる可能性のある厳しい取り立て方法や手口を徹底解説!

17.車を担保にしてお金を借りるのはダメ

所有している車を担保にお金を借りる方法があり、自動車金融や車リースとも呼ばれています。

貸金業者に自動車の価値を査定してもらいその金額を上限にお金を貸してもらう方法です。

ローン返済中の車でも借りることが可能で、車に乗ったまま(自分の名義のまま)借入することができるメリットがあります。

ただし返済が滞ると車は差し押さえられ売却されます。

売却の際の査定額も低く、結局は車の買取業者に買い取ってもらえばよかったという結果になりがちです。

車担保ローン自体は合法ですが、金利以外に多額の手数料を請求してくる悪徳業者も多いため、最悪車を手放すだけでなく借金が増える可能性も…。

借入の最後の砦にはなりにくいので、なるべく利用しないほうが得策です。

車を担保にお金を借りる車担保借り入れのメリット、デメリットを解説!

ブラックリスト入りの人がお金を借りる方法はない?

銀行などの金融機関には頼れず、誰でも借りれる個人間融資、闇金、車担保融資は危険性が高い、となるとブラックの人は打つ手がないのでしょうか。

ブラックリストの場合、一部のカードローンで借り入れすることができます。

もちろん限られますが、申込者の過去の事故情報を審査に入れない消費者金融もあるにはあります。

他にも、質屋ならブラックでも借り入れができますし、生活が困窮していれば市区町村から生活福祉貸付金制度で総合支援資金を借りることも可能です。

繰り返しになりますが、ヤミ金を最終手段として借りたら最後だと思いましょう。

闇金に手を出す前に、冷静に他の方法を探してください。

ブラックでも借りれるところはどんな金融機関?ブラックになってしまった人必見!

 

どこからも借りれなない時はどうすればいい?

八方手を尽くしたけどどこからもお金を借りれなかったということってありますよね。

ブラックリスト入りの人以外にも、無職や専業主婦など収入のない人はお金を借り入れすることが困難です。

最後に紹介するのは、借入が不可能だった場合に取れる手段は次のとおりです。

1. 所持品を売る
2. 日払いのバイトをする
3. 支払いを猶予してもらう

所持品を売る

お金を借りれない場合最も手っ取り早いのは、自分の所持品を現金化することです。

本、CD、ゲーム、衣類、家具、電化製品など、商品の状態によりますが、中古品販売の店に持ち込めば、買い取ってもらえないというものはないでしょう。

ネットオークションやフリマアプリで売るという方法もありますが、買い手が見つかってから、商品発送の手続きなどをしていると時間がかかります。

安く買い叩かれるという恐れもありますが、今すぐお金が必要という場合は、買取店に持ち込むのが最も早いです。

日払いのバイトをする

仕事をして収入を得るという方法もあります。

日払いで給料を払ってくれる仕事もたくさんあります。

男性であれば建設関係の現場スタッフ、女性ならラウンジレディーなどのナイトワークがおすすめです。

1日数千円~1,2万円程度は稼ぐことができます。

注意すべきは、派遣会社への登録です。

日払いのバイトを探していると派遣会社が数多く募集していますが、それらの中にはとりあえず派遣登録だけを行って、実際の仕事は後日にという場合があります。

すぐに仕事先を紹介してくれる場合もありますが、急ぎで働き口を探すなら、派遣ではなく直接雇用で働けるところを探しましょう。

支払いを猶予してもらう

借金の返済、商品代金の支払いなど、それらの支払いを猶予してもらえるのなら、お願いして猶予してもらいましょう。

その間にお金を工面することも可能です。

注意すべきは金融機関への借金の返済は猶予してくれないということです。

返済が滞ると一括返済を求められたり、事故情報として信用情報機関に登録され、今後借入ができにくくなります。

なので、金融機関への支払いを最優先にしてそれ以外の支払いはお金の都合がつくまで待ってもらうというのが得策です。

 

お金を借りる理由には何がある?

借金すると聞くと、日本ではマイナスのイメージが強く、恥と捉える人もいますよね。

貧乏な人が生活のために借り入れする、会社が倒産して多額の負債を抱える、などお金を借りる理由には、ネガティブな印象が多いせいかも知れません。

ですが、お金を借りることは、未来の自分への投資でもあり、ポジティブに捉えることもできます。

そんなネガティブでもありポジティブもあるお金を借りる一般的な理由をまとめました。

 

ネガティブな借り入れ理由

  • 失業や離職
  • 会社の倒産
  • 生活が苦しい
  • ギャンブルしたい

ギャンブルや遊びで際限なく使いたいという理由で借りるのは危険ですが、自分の生活を立て直すため、自己投資のためならお金を借りる理由として問題ないでしょう。

 

ポジティブな借り入れ理由

  • 起業、開業したい
  • 事業を発展させたい
  • 結婚式
  • 勉強したい(学費)
  • 欲しいものを手に入れたい
  • 遊びに使いたい

他にも、引っ越しのため、葬儀のためなど様々な理由が考えられますね。

 

誰もが自分の使えるお金だけで慎ましく生活していたら、景気は活気づきません。

お金を借りて普段よりも多く使うことで、経済は回ります。

あまり借金することに対して後ろめたくならず、前向きな姿勢も心がけましょう。

お金を借りたことを身内や他の誰かから何か言われたり変に思われたりするのが嫌なら、ポジティブな言い訳を考えておくと良いでしょう。

誰にもバレずに借り入れしたい人は、消費者金融系カードローンがオススメです。

おすすめのカードローンを見てみる >>

 

まとめ:緊急性が高いなら、民間の金融機関からお金を借りるのがベスト

17種類のお金をを借りる方法と、借りれない場合の対策を紹介してきました。

あなたの緊急度合や資産状況に合わせて、借り先を検討していただければと思います。

もし今すぐお金を借りたいけれど、担保となるものが何もないという場合は、消費者金融、銀行など民間のカードローンを利用するのがベストと言えます。

最近は、申し込んだその日のうちに借り入れできる、スピード審査&スピード融資が売りの大手消費者金融もありますよ。

至急でお金を借りたい方向けの方法へ戻る >>

更新日:

Copyright© 今すぐお金を借りる大全集|すぐ借りれる17の方法+アルファ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.